2008年12月29日

2008年個人的音楽ベスト

今年も例年通り個人的に気に入った曲などをまとめます。

自分の中で今年一番はGReeeeNの「キセキ」でした。
なるべく有名なものは紹介しないようにしているのですが、この曲は取り上げない訳にはいかないかな。
ドラマがよかったのもありますが、この曲のおかげでドラマが良く見えたのもありました。
今さら説明はいらないですね。

GReeeeN「キセキ」


GReeeeN「キセキ」(初回限定盤)(DVD付)

----------------------------------------------------

PVの方は、飛びぬけてよかったものはなかったですが
ひとつ選ぶとしたら取り上げたばかりですが
369+RYO+TSUBOI+YAIKOの「キャンプファイヤ」です。
発売は来年ですが先取りということで今年に紹介。

369+RYO+TSUBOI+YAIKO「キャンプファイヤ」


369+RYO+TSUBOI+YAIKO「キャンプファイヤ」

----------------------------------------------------

あと、番外編として別の意味で衝撃だったのが
マキシマム ザ ホルモンの「爪爪爪」です。
こちらでとりあげましたがここまでひどい歌詞も珍しい。
曲の良し悪しに歌詞はあまり関係ないということがよくわかった曲でした。

----------------------------------------------------

2007年個人的音楽ベスト
2006年個人的音楽ベスト
2005年個人的音楽ベスト
2004年個人的音楽ベスト

2008年12月26日

369+RYO+TSUBOI+YAIKO「キャンプファイヤ」

369、ケツメイシのRYO、矢井田瞳、アルファのTSUBOIによる
コラボレーション曲「キャンプファイヤ」が非常にいい曲なのでオススメです。
PVも少女が人に親切にすることでランタンの火が大きくなるという
いい雰囲気の内容です。
この曲は売れそうな気がします。

369+RYO+TSUBOI+YAIKO「キャンプファイヤ」


こういうロードムービーで思い出すのが、RIP SLYMEの「DANDELION」という曲のPVです。
宮崎あおいさんが怒って家を出ますが、散歩をしているうちに
機嫌が直っていくといういい感じのPVです。以前こちらでも紹介しました。

RIP SLYME「DANDELION」



369+RYO+TSUBOI+YAIKO「キャンプファイヤ」

369 アーティスト公式サイト

2008年12月23日

期待の新人その14「阿部真央」

2009年1/21にデビューするシンガーソングライター阿部真央さんの紹介です。
はじめは鼻につく歌い方が気になりましたが(笑)だんだんと慣れました。
この声や歌い方は椎名林檎に似ているかな?
曲のクオリティも高いしブレイクの予感がしますね。

阿部真央「ふりぃ」


阿部真央「ふりぃ」(期間限定生産盤)

MySpace.com - 阿部真央

■ コメント

こんばんわ!Ryuさん!!
逆TBどうもです!!!
あべまお『ふりぃ』!
クセになりますね!
これからが楽しみなアーティストだと
思います!
今年も音楽情報ヨロシク
お願いします!

投稿者: やまかず  1 15, 22:00
■ コメント

コメントありがとうございます。
やまかずさんのブログは昔から見させてもらってます。
やっぱり注目ですよね。
去年スカパーでPVを見て目が止まりました。
これから楽しみですね。

投稿者: ryu  1 16, 21:47

2008年12月19日

FUNKIST「BORDER」

ボーカル、ギター×2、ベース、ドラム、パーカッション、フルートからなる7人組バンド
”FUNKIST”の「BORDER」という曲です。
ボーカルが南アフリカとのハーフなので、フルートやパーカッションあり
若干民族音楽っぽい雰囲気があるかもしれません。

FUNKIST「BORDER」


FUNKIST「BORDER」

FUNKIST オフィシャルサイト

2008年12月15日

school food punishment「feedback」

女性ボーカルの4人組バンド”school food punishment”の「feedback」という曲が
良さそうな感じです。
若干テクノっぽい雰囲気もあります。

school food punishment「feedback」


school food punishment「Riff-rain」

school food punishment オフィシャルサイト

2008年12月05日

BIGMAMA「Paper-Craft」

5人組バンドBIGMAMAの「Paper-Craft」という曲がいい感じです。
ヴァイオリンがポイントかもしれません。
新人かなと思ったら1年ぐらい前にファーストシングルを発売していたんですね。

BIGMAMA - Paper-Craft


BIGMAMA「Dowsing For The Future」

BIGMAMA オフィシャルサイト

BIGMAMA ( ビッグママ ) 〜完全無料動画視聴サイト SOUND-TV〜

2008年11月26日

GReeeeN「扉」のPVでメンバー出演?

GReeeeNの新曲「扉」のPVでメンバーが出演!と思ったら・・・
でもこれまたいい曲ですね。

GReeeeN「扉」PV(YouTube)


GReeeeN「扉」
12/3発売

2008年11月09日

期待の新人その13「ZUKAN」

沖縄出身の5人組バンド「ZUKAN」です。
まだシングルは2曲目ですが
楽しくなるような感じの曲でいい感じだと思います。

ZUKAN「シャイン」

ZUKAN「ハイジ」


シャイン(DVD付)

ZUKAN Official WebSite

2008年11月07日

SoulJaと童子-Tの違いがわかりません

SoulJaと童子-Tの曲の区別がつきにくい。
曲調も似ていてラップも同じような感じに聞こえるので
知らずに聞いたらどっちが誰の曲かわかりにくい。

まずこれがSoulJaです。

ここにいるよfeat. 青山テルマ/SoulJa


次にこっちは童子-Tです。

もう一度・・・feat..BENI _ 童子-T


では、これはどっちでしょうか?




答えは・・・童子-T「 約束の日 feat.青山テルマ」です。

青山テルマは両方にプロデュースされているので
”青山テルマの曲だからSoulJa”という裏技が使えないので要注意!

聞き比べてわかりましたが、声が高い方が童子-Tっぽい。
声が高い童子-T、低いSoulJaで覚えてみたい。

というか勝手に同一人物だと思っているのでどっちでもいいのですが(笑)。

2008年10月27日

2BACKKA(ツーバッカ) 「ナミダ」PV

ストーリー性のあるPVでいい感じだと思います。
(歌詞を出すのはやめてほしいですが)
なんとなくGReeeeNぽい?と思ったらプロデューサーがGReeeeNと同じ人だそうです。

2BACKKA 「ナミダ」


2BACKKA 「ナミダ」

2BACKKA(ツーバッカ) Official Web Site

2008年10月13日

ストレイテナー 「BLACK HOLE」

砂絵を使ったPVです。
砂絵自体はあまりうまくないですが(笑)影絵っぽい雰囲気がいい感じです。

ストレイテナー 「BLACK HOLE」

2008年10月04日

ASIAN KUNG-FU GENERATION「藤沢ルーザー」

会社員になった場合とバンドマンになった場合の2つの人生をコミカルに見せるPVです。
人生の出来事を障害物競走のようなレースに見立ててどちらが先にゴールにたどりつけるか?
というようなおもしろい内容です。
勝つのはどっち?

ASIAN KUNG-FU GENERATION「藤沢ルーザー」


ASIAN KUNG-FU GENERATION「藤沢ルーザー」

2008年09月20日

無名の心 (ウーミン)が洋楽PVに出演

”無名の心 (ウーミン)”がMissy Elliott(ミッシー・エリオット)の「Ching-A-Ling」という曲のPVに
出演しています。
無名の心 (ウーミン)はブレのない正確な動きがすごいポッピングダンサーです。
少年チャンプルというダンス番組の初期の頃に出演していてひそかに注目していました。

Missy Elliott「Ching-A-Ling」

こちらで彼らのダンスを見てみてください。
ひとつの作品になってます。

MAIN STREET 2008 4.26 Sat. 無名の心

無名(ウーミン) Routine


無名の心

2008年09月14日

会社名でミュージシャンを選んでみる

ゲームソフトを選ぶ時は、例えば任天堂のゲームだからという理由で買うことがありますよね。
でも音楽の場合はあの会社の曲だからという理由で選ぶ人はあまりいない気がします。
というわけで、あえて会社名でミュージシャンを選んでみようと思います。

そこで、今注目の会社といえば、「UNDER_HORSE_RECORDS」じゃないかと思います。
所属アーティストは、
「GReeeeN」「キマグレン」「MONKEY MAJIK」「Hi-Fi CAMP」「Radio Beach」
です。

GReeeeN、MONKEY MAJIKはもうすでに有名で、キマグレンは今年ブレイクしましたね。
Hi-Fi CAMPは、SMAPの北京五輪テーマ曲「この瞬間、きっと夢じゃない」の作詞作曲もやっていました。
こちらでも以前紹介しました。
Radio Beachはどうかな?

というわけで、ヒット率が高いように感じました。
この会社からデビューするミュージシャンに注目するのというもおもしろいかもしれません。

また、
BAReeeeeeeeeeNというミュージシャンが10/1にデビュー曲「足跡」を発売します。
名前からも察しがつきますがGReeeeNが関わっているようです。
名前の”e”の文字数がメンバーの人数を表しているようなので
他のミュージシャンとコラボしてるのかもしれません。

BAReeeeeeeeeeN「足跡」PV

BAReeeeeeeeeeN「足跡」フル視聴


BAReeeeeeeeeeN「足跡」

■ コメント

話題のユニット「BAReeeeeeeeeeN」の正体が明らかに
http://natalie.mu/news/show/id/9606

投稿者: ryu  9 17, 23:53

2008年09月05日

ホラーっぽいPV VELTPUNCH「DIC 954」

VELTPUNCHの「DIC 954」という曲のPVが、ちょっとホラーっぽいような独特な感じですが
曲も良さそうなので紹介します。
(単純にホラーなだけならもっと他にもありますが)
他の曲もこういう暗い雰囲気のPVばかりでちょっともったいない気もします。


VELTPUNCH DIC 954


Paint your life gray

VELTPUNCH official site

2008年08月22日

マキシマム ザ ホルモンのひどい歌詞をいいように解釈してみる

マキシマム ザ ホルモンというバンドがどんな歌詞を歌っているか知っているでしょうか?


マキシマム ザ ホルモン「爪爪爪」

次々と曲調が変わっていく感じはよくて
この感じは9mm Parabellum Bulletの曲とか(Heat-Island PV)にも似てるかなと思っていましたが、
こういう人達は何を歌っているのかと思って歌詞を見たら、これがまぁひどい。

マキシマム ザ ホルモン「爪爪爪」 歌詞 (歌詞 一覧はこちら

これならまだB-DASHのような適当な歌詞の方がましな気がします。
よくこれでメジャーで発売できるなぁというか
これに比べたら鼠先輩なんてかわいいもんです(笑)

歌詞なんて何でもいいなら、
例えば環境問題とか社会問題などを訴えた方がギャップがあってかっこよくないでしょうか?
こんな人達が年金問題を訴えてる!とかだったらおもしろいのに。
お経とかでも渋くていいんじゃないですか。
どうせ歌詞は聞き取れないわけだし。

でもこれ歌詞を知らなければ英語に聞こえなくもないですよね。
そこで、もしかしたら元々は英語で歌詞を書いていて、
それを日本語に書き換えているんじゃないでしょうか?
聖飢魔兇蓮◆鋲本語に聞こえる英語”で歌っていましたが、
マキシマム ザ ホルモンは、”英語に聞こえる日本語”で歌っているんじゃないかなと。

レコード会社の上層部には英語の歌詞で了承を得て、
発売する時にひどい日本語に差し替えているとか(わざわざそんなことする必要ないか)。
もしかしたら元の英語の歌詞はまともなことを歌っているんじゃないでしょうか?

こういう曲が売れている日本の音楽シーンの品格が疑われそうですが
外国人がこの曲を聴くと、実はまともな歌詞に聞こえたりして(笑)

日本人が聴くとひどい歌詞に聞こえるけど、
外国人が聞くと素晴らしい英語に聞こえるという画期的な歌詞なんじゃないかと。
実は英語の裏歌詞が存在していた!とかだったらかっこいい。

・・・と思いたいですが、はたして実際はどうでしょうか?


爪爪爪/「F」

■ コメント

はじめまして^^

ホルモンの曲は最初は英語で考えてそれを日本語にしているみたいです〜。

僕は「絶望ビリー」の裏歌詞しか聴いたことありませんが、かっこよかったですよ〜

投稿者: ES  9 06, 00:54
■ コメント

コメントありがとうございます。
やっぱり英語で書いてるんですね。
英語の歌詞はどんなことを書いてるんでしょうか?
でもそれなら英語のまま出せばいいのに・・・

投稿者: ryu  9 09, 00:42
■ コメント

はじめまして。
youtubeで
「Misheard Lyrics」
と検索すると、裏歌詞わかりますよ。
いや、そこは普通に日本語だろってところも無理やり改変してますけどww

投稿者: You  4 18, 03:01
■ コメント

どーもです。
これですよね。
http://www.youtube.com/watch?v=8gqXeIL4e5Q&fmt=18
これは公式な歌詞なんでしょうか?
それとも空耳?

投稿者: ryu  4 19, 23:02
■ コメント

一応、公式ではないんですけど・・・
マキシマムザ亮君は、歌詞を最初英語で作詞し、それを日本語に直す、という過程を踏むそうです。
また、DVDの裏ジャケットのプレイリストが、英語だったり、半ば確信犯的に、裏歌詞の存在を匂わせているようです。
ですがまあ、公式の歌詞は日本語ですので、英語歌詞は空耳ということになります。
実際は公式の歌詞が空耳?という何ともかんともな状況なのですが・・・^_^;

投稿者: You  5 13, 01:20
■ コメント

なるほど。
なんか色々仕掛けがありそうですね。
でも一度英語でまともなものも歌ってほしいですね。

投稿者: ryu  5 19, 21:59
■ コメント

こちらに、作詞者本人の歌詞への考えが書かれています。
ちょっと挑発的な表現ですけど、これはこれで面白い発想だと感じます。
http://www.55mth.com/ryotoday/index.php?n=20060714
まあこの内容も100%ホントかはわかりませんけど…

投稿者: kma  6 16, 01:42
■ コメント

歌詞は必ず意味の通った文章でなければならないんですか?

投稿者:   6 22, 21:58
■ コメント

B-DASHのような曲もあるし
洋楽でも意味を知らずに聞いている人もいると思うので
いいんじゃないでしょうか。

投稿者: ryu  7 03, 23:25

2008年08月21日

L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)「SHINE」

L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)の「SHINE」のPVで
絵の具がにじんでいくようなイメージがいい感じです。
最後までこの雰囲気でやってほしかった気はしますが。
洋楽でもこういうPVがありましたね。


L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)「SHINE」


L'Arc〜en〜Ciel(ラルク アン シエル)「NEXUS4/SHINE」

2008年08月09日

パンチラPV カルテット「拝啓、僕の未来へ。」


カルテット「拝啓、僕の未来へ。」

このPVは、女子高生のパンチラシーンが満載です。
こういう取り上げ方もどうかと思いますが(笑)、制作者は分かってて撮っている気がします。
スカートにアップしスローモーションで見せているところは
もうそれ以外に意図がないように見えてしまいます。

そういう点でいえば、以前紹介した大橋卓弥「はじまりの歌」のPVの方がよくできています。
このPVでも女子高生が動き回っていますが、パンチラシーンは一切ありません。
それは、見えないようにカット割を考えて撮っているからですね。
一人だけジャージ姿の子がいるのは、おそらくカット的にどうしても見えてしまうから
ジャージをはいているんじゃないかと思います。

だから、演出で見せないようにもできるわけです。
それをやっていないということは、このPVではそこまで考えてなさそうな気がします。
ある意味画期的です。

でもまぁそんなことはどうでもよくて(笑)、曲はいいですよという紹介でした。


カルテット「拝啓、僕の未来へ。」

2008年07月21日

パラパラ漫画風PV KRAAK & SMAAK「Squeeze me」

このPVは、パラパラ漫画をうまく利用したPVになっています。
以前に紹介した飛び出す絵本風PVとか仕掛け絵本風PVとかマトリックス風PVとか
海外の方がこういうアイデアを活かしたPVが多いかもしれません。

KRAAK & SMAAK「Squeeze me」


Plastic People

2008年07月12日

期待の新人その13「しおり」

しおり オフィシャルサイト

自分で作詞作曲もしている沖縄出身のミュージシャン「しおり」さんです。
歌声もきれいな癒し系ですね。
オフィシャルサイトでアルバムの全曲視聴ができます。
この「Smile」という曲は高校生の時に作ったそうです。

しおり「Smile」


しおり「僕の信じる道」音楽のみ


しおり「青空」

アーティストインタビュー [しおり]

2008年07月06日

新しい便乗ソング

最近の音楽業界を見ていて気になることをネタにしてみました。
ネタなので本気にしないでください。

■アンサーソングって?

過去の歌に対して歌でその返事をするようなものですが、
いつの間に元の曲は”クエスチョンソング”になったんでしょうか?
答えを求められていたことにびっくりです。
でも勝手に答えを出されても困ります。

”RSP”がアンサーソングで有名ですが、ちょっと答えを出しすぎです。
ちゃんと答え合わせをしないといけません。
もし間違っていたらまたそれに対する反論ソングや訂正ソングなんかも発売されたりして?
これってアンサーソングという名のカバーですよね。

■フィーチャリングって?

これも今流行りですが、こういうのを見ると
その人は一人ではできないのか?と思ってしまいます。

自分の好きな女性と一緒に歌いたいという下心が見え隠れします。
え?見えませんか?これってスピリチュアルな能力かな?(笑)

例えばこれを見るとあきらかに自分の好みで選んでますよね。
フィーリングカップルならぬフィーチャリングカップルですよ。
もし下心がないと言うなら男性ともフィーチャリングして下さい。
フィーチャリングソングは下心ソングと解釈したいと思います。

■テクノポップって?

2匹目のどじょうを狙う人達が出るのはしかたないとして
それより歌声を加工しているのが気になってしまいます。
声まで加工しないとダメなんでしょうか?
ただでさえ音がよく似ているのに声まで加工してしまったら
個性がなくなって誰が歌っても同じように聞こえてしまいます。

名前は忘れたけど、インタビュー中の話し声まで加工されている人を見た時はびっくりしました。
しかも、自分は宇宙から来たと言っていて話が微妙だし声は聞きづらいしで
見ていてせつなかったです。
宇宙出身はこりん星で最後にしてください。

この3つにはどれも”便乗”という言葉が当てはまりそうです。
こういうのは売れているモノや人の人気にあやかっているように見えてしまいます。

パロディやMADとかが得意なのは2チャンネラーとかアマチュアですね。
プロがプロたる所以はオリジナリティだと思いますよ。

2008年06月27日

NICO Touches the Wallsとミスチルのボーカル

”NICO Touches the Walls”というバンドのボーカルの声が
かなり”Mr.children”の桜井さんに似てます。
ミスチルの曲と言ってもわからないかも?

この「THE BUNGY」という曲はリズムも良くいい感じだと思います。

NICO Touches the Walls「THE BUNGY」(YouTube)


THE BUNGY(初回生産限定盤)(DVD付)

2008年06月14日

期待の新人その12「Hi-Fi CAMP」

ボーカル2人、キーボード、DJの4人組という変わった組み合わせのバンド
”Hi-Fi CAMP”のデビュー曲「キズナ」のPVです。
映画「僕の彼女はサイボーグ」の挿入歌にもなっています。
デビュー曲がいきなり映画に使われるとはすごいですね。
曲の感じは”Greeeen”っぽいかな?
このPVは「僕の彼女はサイボーグ」バージョンです。


 

キズナ 初回限定盤(CD-EXTRA仕様)

Hi-Fi CAMP Official Web Site

「僕の彼女はサイボーグ」公式サイト

2008年05月27日

ROOKIES (ルーキーズ) 主題歌 GReeeeN「キセキ」PV


GReeeeN「キセキ」(初回限定盤)(DVD付)

ROOKIES (ルーキーズ) がバレーのため2週続けて放送がないため
その主題歌GReeeeNの「キセキ」のPVを紹介します。
これも野球をテーマにした内容でいいPVです。
シングルは5月28日(水)発売です。

----------------------------------------------------


GReeeeN「あっ、ども。おひさしぶりです。」(初回限定盤)(DVD付)

GReeeeNのアルバムも6月25日(水)に発売されます。
「人」「BE FREE」「涙空」「旅立ち」「キセキ」と名曲ぞろいです。
さらに「道」から「キセキ」まで全8曲のPVを収録したDVD付き。

----------------------------------------------------


ROOKIES (ルーキーズ) 表(おもて)BOX

ROOKIES (ルーキーズ) のDVDも7月18日(金)に発売されます。
特典ディスク2枚(映像約240分)付き。

初めは「全24巻を最後までやります」と言っていたのに
次のドラマ「恋空」が決定したため最後までは難しそうですね。
さらにバレーで2回なくなるので放送回数は8回になるのかな?打ち切り並の扱いですね。
佐藤隆太さんが「川藤をやれるなら引退してもいい」というぐらい思い入れもあって
原作者も「ドラマ化するなら川藤役は絶対に隆太くんに」
というぐらい満を持したドラマなのにこの扱いはかわいそうだ。
もしかして時間帯が変わるのかな?

2008年05月04日

期待の新人その11「AJISAI」

AJISAI オフィシャルホームページ

4人組男性バンドの「AJISAI 」です。
クセがなく聞きやすい感じの曲が多いです。
インパクトはないのでじわじわと売れていくタイプかな。


AJISAI 「桜並木」


AJISAI 「アイ コトバ」

キミスキセツ
AJISAI「キミスキセツ」

2008年04月19日

期待の新人その10「鶴」

鶴 official web☆site

”鶴”という3人組のアフロバンドです。
アフロなロックでアフロックという、ノリも愉快な感じです。
声がいいと思います。エレファントカシマシに似てるかな?
3月にメジャーデビューしたばかりのようですが
このクオリティでいけば売れるんじゃないかな。


鶴「恋のゴング」

恋のゴング(DVD付き)
鶴「恋のゴング」

2008年04月15日

GReeeeNと青山テルマがヒットした理由

「3rdシングルでブレイク」の方程式

GReeeeNとSoulJa(ソルジャ)がヒットした理由が解説されています
(結局、SoulJaより青山テルマの方が売れましたが)。
ただ偶然ヒットした訳ではなくて音楽もマーケティングなんですね。
もちろん元の音楽が良くなければ売れないと思いますが
マーケティングによって売り上げは大きく変わりそうです。

これからは3枚目のシングルが注目です。

2008年04月10日

映像に注目のPV

今回は映像が気になるPVをいくつか紹介します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

Fergie「Clumsy」

ロバート・サブダの飛び出す絵本のようなPVです。
誰もが思いつくアイデアだと思いますがこれはクオリティが高いです。


Fergie「Clumsy」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

THE BACK HORN「美しい名前」

ピタゴラスイッチの炎版という感じのPVです。
しかもこれのすごいところは音楽に炎の動きを合わせてるところです。
これは燃える時間とかも考えて配置してますね。

美しい名前(初回限定盤)
THE BACK HORN「美しい名前」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

西野カナ「I」

巨大な魚(アロワナ?)の画がいい感じです。
曲のイメージに合っているのかと言われれば微妙かもしれないけど。
水中のイメージなら歌う時も口がブクブクいってほしかったです(笑)

I
西野カナ「I」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

greeeen「旅立ち」

ストーリー性のあるPVです。
手紙によって回想していく構成がいいですね。
最後のセリフが何かを思わせぶりですがあれは必要なんでしょうか?

旅立ち
greeeen「旅立ち」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

浜崎あゆみ「Mirrorcle World」

これはPVをというわけではなくて曲のリズムがかっこいいです。
まるで映画音楽のようです。
やっぱりお金をかけられる人の曲とPVは質がいいですね。

Mirrorcle World(DVD付A)
浜崎あゆみ「Mirrorcle World」

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

2008年03月08日

最近気になる曲

最近いいなと思った曲を紹介します。
このブログではなるべく有名でないものを紹介しようとしているのですが
今回は割と有名どころかも。
というわけで知らない曲は要チェック。

--------------------------------------------------------------


bennieK「モノクローム」

ドラマ「貧乏男子(ボンビーメン)」の主題歌です。
こういうラップの混在した曲だとラップがない方がいいのに
と思う曲もあるのですがこの曲はそこもいい感じですね。

--------------------------------------------------------------


「はじまりの歌」 大橋卓弥(スキマスイッチ)

女子高生がジャッキーチェンの映画風に戦うPVです。
ドラムに「DrunkMonkeys」とあるのでまさに意識してますね。

--------------------------------------------------------------


Spontania「サヨナラ...」

Def TechのMicroによるレーベル所属のミュージシャンです。

--------------------------------------------------------------


SunSet Swish 「PASSION」

コンスタントにいい曲を作っているのでもう少し売れてもいいような気がしてます。

--------------------------------------------------------------


GReeeeN「BE FREE/涙空」

GReeeeNは打率いいですね。

--------------------------------------------------------------


一青 窈 「受け入れて」

これは新曲ではないのですが、一部でPVが話題になっているみたいなので
紹介します。

2008年03月02日

期待の新人その9「かりゆし58」

期待のミュージシャンの紹介です。
今回は「かりゆし58」という沖縄出身の3人組バンドです。
実は「手と手」という曲が発売された時に紹介しようかと思ってそのままになっていました。その後の曲もいい感じだと思います。

かりゆし58 公式サイト


「手と手」


「アンマー」


「電照菊」


そろそろ、かりゆし