2009年07月17日

ピクサー最新映画「UP」と同時上映の短編「Partly Cloudy」フル視聴

日本では12/5に公開されるピクサーの最新映画「カールじいさんの空飛ぶ家」
と同時上映される短編「Partly Cloudy」をフル視聴できます。
ピクサーが描くコウノトリの物語です。

「Partly Cloudy」

「カールじいさんの空飛ぶ家」予告編



ウォーリー [DVD]

「カールじいさんの空飛ぶ家」オフィシャルサイト

2008年11月28日

かっこいい「ターミネーター4」動画ポスター

Terminator Salvation Poster(音が鳴ります)

「ターミネーター4」の動画ポスターです。
上空から見た街が・・・
これはかっこいいですね。

また、オフィシャルサイトの予告編でノイズがあの音楽になるのもうまい。

ターミネーター4 - オフィシャルサイト

2008年11月15日

ピクサーの最新短編アニメ「BURN・E / バーニー」フル視聴

ピクサーの最新映画「WALL・E / ウォーリー」についてくる
短編アニメ「BURN・E / バーニー」をフル視聴することができます。
「WALL・E / ウォーリー」の公開は12/5(金)ですが
今回の短編は「WALL・E / ウォーリー」と同じ世界のようです。


The Art of WALL-E (Art of)


ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版

2008年08月27日

映画「ダークナイト」の脚本全文

THE DARK KNIGHT script!

映画「ダークナイト(THE DARK KNIGHT)」の脚本を最初から最後まで見ることができます。
サイトの本文最後の
”So head to JoBlo's Movie Scripts page and download the DARK KNIGHT script!”
のリンクから脚本のpdfファイルを落とすことができます。
もちろん英語です。
日本の脚本とはだいぶ書き方が違いますね。

この本にこの脚本の全文も収録されているようです。

The Dark Knight: Featuring Production Art and Full Shooting Script

2008年07月29日

ピクサー次々回作「UP」トレイラー

ピクサーの次作「WALL-E」のその次に公開予定の映画「UP」の予告編がもう公開されています。
2009年5月9日とあるので日本公開は1年以上先かな?

UP : The Official Website


ピクサー・ショート・フィルム&ピクサー・ストーリー 完全保存版

ピクサーの短編だけを収録したDVDが2008年11月7日に発売されます。
収録作品は以下の通り。ボーナス映像も色々あるみたい。

1.アンドレとウォーリーB.の冒険(The Adventures Of Andre & Wally B)
2.ルクソーJr.(Luxo Jr.)
3.レッズ・ドリーム(Red's Dream)
4.ティン・トイ(Tin Toy)
5.ニックナック(Knick Knack)
6.ゲーリーじいさんのチェス(Geri's Game)
7.フォー・ザ・バーズ(For The Birds)
8.マイクとサリーの新車でGO!(Mike's New Car)
9.バウンディン(Boundin')
10.ジャック・ジャック・アタック!(Jack Jack Attack)
11.メーターと恐怖の火の玉(Mater & The Ghostlight)
12.ワン・マン・バンド(One Man Band)
13.リフテッド(Lifted)

ブルーレイディスク版も出るみたいです。

2008年07月27日

崖の上のポニョ(ネタばれなし)

この映画はどこに価値を置くかで評価が変わりそうです。
ポニョはかわいいし絵の表現はおもしろいですが、内容は消化不良でつっこみどころ満載だから
素直におもしろいと言えないのが難しいところです。

子供の妄想を一流の画力で表現したような印象を受けました。
でもそんなことは言われなくても分かっているはずだから、あえてやっているんだろうと考えると
この映画の狙いが少し理解できた気がしました。

これは、映画ではなく”宮崎駿版人魚姫”という童話アニメなんですね。
童話だと思えば細かい説明が必要ないことがわかります。

例えば、”桃太郎”ではなぜ桃の中から桃太郎が生まれるのか?とか
いちいち気にしないですよね。
この”崖の上のポニョ”もそういう童話だからあえて細かい説明を省いたんじゃないでしょうか。
童話に理屈は必要ないですしね。

宮崎駿監督は子供のために作っていると言っていたから、
これで本当に子供のための童話ができたんじゃないでしょうか?
だから過去の映画と比べるものではないと思う。
”崖の上のポニョ”は童話として見た方がしっくりくる気がします。

2008年07月05日

ピクサー新作短編アニメ「Presto(プレスト)」フル視聴

ピクサーの新作映画「WALL・E(ウォーリー)」の前に上映される
短編アニメ「Presto(プレスト)」をフル視聴できます。
マジシャンとマジックのタネに使われるうさぎのどたばたマジックです。
 
「WALL・E(ウォーリー)」はアメリカでは公開されていますが
日本では12月公開なのでまだ先ですねぇ。
 

2008年06月19日

トニー・ジャー主演・監督作「Ong Bak2」

映画「マッハ!!!!!!!!」で主演したトニー・ジャーが監督・主演をつとめる
最新作「Ong Bak2」のトレイラーです。

象の群れの中で象の上を飛び移ったり、象の上で戦っているようですが
もし象から落ちたら踏み殺されるんじゃないでしょうか?
ノーCG、ノーワイヤーだそうです(No Music No Lifeみたいですが(笑))
またまたアクションがすごそうな感じです。
こちらの象の上で戦うポスターもかっこいいです。

2008年05月23日

映画「ミスト」(ネタばれなし)

スティーブンキング原作、フランクダラボン監督とくれば
「ショーシャンクの空に」ファンなら見ないわけにはいかないでしょう。
ただ、内容はまったく違うのであれを期待すると危険です。
でも、霧に包まれて大変な映画なんだろう?なんて思って見ないとしたら非常にもったいないです。

「クローバーフィールド」を一言で表すと「絶望」だとすると、
この作品も「絶望」という言葉が似合うぐらいに追い込まれていく様が見事です。
極限での人物の心理描写もうまくよくできた映画で引き込まれていくこと間違いなしです。
ただ、残酷描写もリアルなのでそういうのが苦手な人にはあまりおすすめできないかも。

詳しくは書けませんが、この「ミスト」は「クローバーフィールド2」と言ってもいいかもしれません。
この2つを見た人ならわかりますよね?
逆に「クローバーフィールド2」はこういうパターンでやってもこの映画には勝てないと思います。

宣伝でうたっている”震撼のラスト15分”というのはおおげさでもなく
たしかに色んな意味で衝撃を受けます。
考えさせられますね。

公式サイトの予告編は見ない方がいいと思ったのでリンクはしていません。
予備知識はない方がいいです。

「ミスト」の原作である小説「霧」はこの本に収録されています。
映画と原作はエンディングが違います。


スケルトン・クルー〈1〉骸骨乗組員 (扶桑社ミステリー)

2008年05月10日

あのF-ZEROが映画化?「スピードレーサー」のオープニング7分間フル視聴

日本のアニメ「マッハGoGoGo」の実写映画「Speed Racer(スピードレーサー)」の
オープニングの7分間をノーカットで見ることができます。
この映画は、「マトリックス」の監督として有名なウォシャウスキー兄弟が監督・脚本を担当しています。


 
とにかく色使いが派手ですね。
普通に撮ってもこんな色にはならないのでほとんどのカットが加工されてそうです。
しかもレースシーンは人以外はほぼフルCGでしょう。
 
あの有名なテーマ曲も英語版になっています。
これはオープニングテーマ「Go Speed Racer Go」のPVです。
レースシーンが満載です。
 

 
このレースシーンを見ていると
レースゲームの名作ソフト「F-ZERO」を思いだしてしまいます。
レースシーンは「F-ZERO」そのままじゃないでしょうか?
というわけで、この映画は勝手に「F-ZERO」の実写版だと思って見たいと思います。
 
「F-ZERO」を知らない人のために、こんなゲームです。
(ゲームキューブ版「F-Zero GX」)
 

2008年04月21日

ピクサーの2012年までの映画ラインナップ

ディズニー、ピクサーが2012年までのアニメ作品ラインナップ発表!

ピクサーが2012年までの劇場公開作品のラインナップを発表しています。
それにしても5年先まで決まっているんですね。
この調子だと半年に1本新作を見ることができそうです。

個人的にはピクサー作品の中では「モンスターズインク」がベストだと思っているので
モンスターズインクの監督だったピート・ドクターの「Up」に期待しています。
と言ってももちろん全部見ますが。

今年12月公開の「WALL・E/ウォーリー」の予告編はこちら。

WALL・E/ウォーリー 公式サイト

2008年04月08日

クローバーフィールド(ネタばれなし)

クローバーフィールド公式サイト

以前書いた”バンテージポイント”が8人の視点で見せているとしたら、
この映画は最後まで1人の視点でしか見せません。
だからこそあの緊張感と臨場感が味わえるのかもしれません。
”バンテージポイント”とはまったく違う体験ができます。
偶然ですがこの2つの映画を続けて見ることで、
”見せる視点による演出の違い”を感じることができて2度おいしかったです。

”バンテージポイント”は色んな人の視点で見ることで分かるおもしろさですが、
”クローバーフィールド”は何が起こっているのかわからないおもしろさです。

”バンテージポイント”と”クローバーフィールド”は続けてみると
視点の対比がわかるので両方見ることをおすすめします。
どちらの映画も予備知識がない方が楽しめるので何も調べずに見に行きましょう。

この映画を制作する側の視点で見た場合、ホームビデオで撮影したようにみせていますが
もちろん実際はそんなわけはなくて、適当に撮影したように見えますが
あのような映像こそきっちりと撮影の仕方を決めて撮っているはずです。
しかも、かなり長まわしのシーンも多く、相当綿密に打ち合わせをして撮影していると感じます。

”トゥモローワールド”が8分間ノーカットということで一部で話題になりましたが
あれが全編だと考えると気が遠くなります。
背景の破壊されているビルなどはほとんどCGですよね。
予告編にも出ていた飛んでくる自由の女神の頭も当然CGですね。
全編に渡ってよくあんなボケと手ブレのカメラワークで完璧にマッチムーブできますねぇ。
もちろん撮影時は手ぶれもボケもなく撮影して後で加えているところもあると思いますが。
今のVFXの技術があるからこそできる映画ですね。
そういう意味でもブレアウィッチプロジェクトとは次元が違うんじゃないでしょうか。

映画では普通に見えるシーンほど普通には撮影していません。
すごいと気づかないものほど実はすごいことをしているのです。
よく引用してますがこれです。

ストーリーもただ逃げているだけに見えるかもしれませんが、
色んな角度からあれを見せるためにかなりうまくストーリーが組み立てられています。
そこでそうするか?と思うシーンはそういう風に見せるためです。
ストーリーの流れはあれを見せる順番を考えた構成になっていますね
(ネタばれになるから書けませんが)。

映像も脚本も(さらに宣伝も)手を抜いているように見えて
実はかなりよく考えて作られた映画だと思います。
どうやら2の制作も進めているようなので、今度は別の視点で
この事件の真相を見ることができるかもしれません。

ちなみに日本のテレビCMはダメですね。
あんな緊張感のないナレーションはいらないです。
何も説明せずこの映像だけ流した方がいいです。

2008年04月02日

バンテージ・ポイント

バンテージ・ポイント - オフィシャルサイト

昔セガサターンで”街”っていうゲームがありましたよね?
と言っても知っている人は少ないと思いますが、
あんな感じで(全然違うけど(笑)色んな人の視点でストーリーが展開されていき
事件の真相が明かされていきます。
あーいうのをハリウッドで作るとこうなるのかぁと感心してしまいました。

見ている方としてはそこで止めるか?というじれったさがありますが
それがラストで集約していく様は素晴らしい。
最初から最後まで緊張感が途切れずだれるところがありません。
ずっとクライマックスです。これはすごい。
これもこの映画の編集のうまさかもしれません。
もし普通に編集されていたらここまでおもしろくなっていないかもしれない。

これは見ておくべき映画だと思います。

余談ですが、
”事件を別の人の視点で見せることで真相がわかる”
というようなアイデアを考えていたので
それをここまで完璧にやられて複雑な気分でした。
今後こういう映画が出てきたら、
「バンテージポイントのパクリ?」とか言われそうで怖い。

2008年01月21日

キサラギ


キサラギ プレミアム・エディション (初回限定生産)

去年公開されて話題になっていた映画のDVDが発売されました。
これは素晴らしいの一言です。
予備知識なく見た方がいいと思うので今回はあえて何も書きません。
もしまだ見ていない人がいたらとりあえず見てください。

2006年12月16日

300 かっこいい予告編

300 - Trailers & Clips - Yahoo! Movies

映画の予告編で興奮したのは久しぶり。
これはかっこいい。
素晴らしいのが予告編だけじゃなければいいけど。

300 Official Site

2006年12月01日

トゥモローワールドは長回しではなかった(ネタばれあり)

トゥモローワールド

ワンカットで撮影されたラスト8分間がすごいという評判なので見ました。

以下ネタばれありです。


内容はあまりおもしろくなかったけどたしかに映像はすごかった。
というかワンカットでよく撮ったなぁという印象です。

と思っていたら今発売されているCGWORLDという雑誌を見てびっくり。

なんと長回しではなく合成やCGなどを駆使して撮影されたものなんですね。
その別々の素材をつないで繋ぎ目をわからなくするためにその方法も開発したとか。
長回しだと思ってびっくりしてさらにそれが合成だと知って2度びっくりですよ。

前半の追いかけられるカーチェイスシーンも1カットのように見えるけどあれも合成らしい。
グリーンバックで撮影してたり何台もカメラを使ってる。
背景がCGのカットもあるみたい。

ラストシーンも合成。
ラストはカメラに飛び散ってた血が建物に入った時に消えたから
ワンカットじゃないとは思ってたけど、あの建物も実際は1階部分しかないとか。
さらに赤ちゃんもCGだとか。その赤ちゃんにかかる布や手もCGとか。

詳しくは今発売されているCG WORLD1月号をご覧ください。

それにしても普通に見てたら絶対気付かないですね。
デキがいいほど誰にも気付かれないのがCG制作者の悲しいところ。
昔書いたこれですね。
どこに制作費160億円をかけたのか疑問だったんですがその謎が解けました。

2006年04月28日

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!

ウォレスとグルミット 野菜畑で大ピンチ!

今さらですがこれはおもしろかったです。アカデミー賞を受賞しただけはある。というかこのシリーズは毎回受賞してますね。自分の中では「ペンギンに気をつけろ!」が一番だと思っているんですが、それに匹敵するぐらい良いと思いました。
でも日本ではあまりヒットしていないらしい。野菜畑じゃなく映画館が大ピンチだ。やはり知名度が低いんでしょうか?
もう上映が終わるかもしれないので興味ある人はぜひ。


ウォレスとグルミット ペンギンに気をつけろ!

■ コメント

観ました!良かったですね。
バキュームに吸い込まれてクルクル回るウサギ達や、
モンスターウサギはCGと知ってて観ていたのですが、
クレイとの合成に違和感が全くなくてビックリしました。
欽ちゃんの声も味があってすごく良かったと思いました。
ペンギンまだなのでいつか観たいです。

投稿者: sawa  4 29, 01:41
■ コメント

CGとか意識しないで楽しめますよね。
欽ちゃんは初期の頃から吹き替えをやっていて
「なんでこーなるの!」とか自分のギャグも言ってたりします。
”ペンギンに気をつけろ!”はおすすめですよ。

投稿者: ryu  4 29, 18:31

2005年12月30日

2005年個人的映画ベスト

今年は映画はあまり見れませんでしたが今年一番よかったものなどを紹介します。
もし興味あるものがあれば参考にしてみてください。

■ベスト映画


バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション

今年はこれが一番でした。
他にも見ていない映画がいっぱいあるけどそれを見たとしてももしかしたらこれを選ぶかもしれない。


セルラー

あとこの映画。携帯電話をここまで活かした映画はないと思う。脚本が非常によくできていると思います。いい映画というよりは普通に楽しめる映画です。


去年のベストはこちら。
2004年 個人的映画ベスト

2005年11月19日

CUBE ZERO

CUBE ZERO

あのCUBEの続編が公開されまています。
今回は1より前の話でこれで完結とか。
でも監督は2の監督なんですよねぇ。。。
2はアレだったからなぁ。どうだろう?

■ コメント

はじめまして。
トッキーさん経由で来ました。

CUBEはこれで完結ですよね?
2は「あれあれ・・・」と肩透かしだったので、
これ以上作られるのは複雑な気がします・・。
SAWの続編はどうなんでしょう?

投稿者: 柚太郎  11 22, 22:53
■ コメント

どーもです。
見てないのに言うのもなんですが、どうせ作るなら他の監督にしてほしかったなぁと思います。

SAW2も監督が変わったのでどうなんでしょうか?
しかも3も作るらしいですね。
ヒットしたからすぐ続編っていうのはやめてほしいですねぇ。

投稿者: Ryuichi  11 23, 17:53

2005年11月09日

宮崎駿監督、ヴェネチアにておおいに語る

宮崎駿監督、ヴェネチアにておおいに語る(ほぼ日刊イトイ新聞)

ほぼ日刊イトイ新聞で、宮崎駿監督のインタビューを見ることができます。
あまりテレビに出ない人なのでこれは貴重かもしれません。

2005年11月04日

PROMISE

PROMISE

個人的に期待している映画です。
予告編を見て映像と色がかっこよさげな気がしました。
”HERO”みたいになるか”LOVERS”みたいになるか?
2006年2月公開。

2005年10月08日

NOTHING

NOTHING

映画「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリ監督の映画なので、ファンとしては見に行かないわけにはいかないだろうということで見に行ってきました。
でもこれは「CUBE」を期待すると肩透かしをくらいます。
オフィシャルサイトにはサスペンスと書いてあるけどこれはサスペンスじゃなくコメディですね。
「マルコビッチの穴」の時も思ったけど、「(ストーリーが)そっちへいくか」という感じでした。
でもこれはこれで好きかな。不条理コメディを笑える人ならおすすめ。

同時上映でアカデミー賞にもノミネートされた短編CGアニメの「ライアン」も見ることができます。

東京での公開は10/21まで(上映はシネセゾン渋谷の1館のみ)なので見る人はお早めに。

2005年09月26日

バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション


バタフライ・エフェクト プレミアム・エディション

10/21にDVDが発売されます。
プレミアムエディションには劇場版とは別のエンディングが入ったディレクターズカット版が収録されているようです。この映画はおすすめです。

2005年08月05日

2005年07月16日

ハリウッド、岩明均の『寄生獣』を清水崇監督で映画化か

ハリウッド、岩明均の『寄生獣』を清水崇監督で映画化か

マジですか。
でも監督が「THE JUON/呪怨」の人なのでどうだろう?
単純なホラー映画にはしてほしくないなぁ。
あの漫画の良さはそこじゃないと思うので。
でも他にも漫画の実写化の話があったけどあまり実現してないのでこれもどうなるか。

原作の漫画はこちらです。全10巻。これはおすすめ。
普通に残酷なシーンがでてきたりしますが、絵のタッチのせいかホラー漫画ではありません。
淡々とした中に重いテーマがあるような色々考えさせられる漫画だと思います。
だから単純なホラー映画にはしてほしくないんです。


寄生獣 (1)

■ コメント

「寄生獣」ハリウッドで映画化
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/jul/o20050715_80.htm
CGを駆使し原作を忠実に再現するという。

投稿者: ryuichi  7 17, 18:06

2005年05月19日

ウォレスとグルミット/大いなる野菜畑の陰謀

ウォレスとグルミット/大いなる野菜畑の陰謀

ウォレスとグルミットの新作の映像が公開されてました。
日本での公開は来年のようです。

2005年05月15日

バタフライエフェクト

バタフライエフェクト

すごい映画でした。
内容についてはネタばれになるので何も書けないけど。。。
とりあえず見てくださいとしか言えない。予備知識なしで見てほしい。
ショッキングなシーンもあるので決して楽しい映画ではないけれど、見ればここで薦めている理由がわかると思います。脚本が見事です。
こんな映画が単館上映なんてもったいない。

■ コメント

最近この映画の存在を知って、
とても見たいと思っていたんですが、
やっぱ凄いんですね〜
絶対に見に行きます!!!

投稿者: TRUE  5 15, 23:57
■ コメント

この映画は好き嫌いあると思うのでとりあえず期待せずに行った方がいいですよ。
見に行ったらぜひ感想聞かせてください。

投稿者: Ryuichi  5 18, 00:08

2005年05月04日

Pixar - Jack-Jack Attack

Pixar - Jack-Jack Attack

Mr.インクレディブルでジャックジャックが預けられていた時に何が起こっていたのか?という感じのムービー(の予告編?)。
DVDに入ったりするのかな?

2005年05月02日

2005年04月25日

ベルヴィル・ランデブー / エディシオン・コレクトール (初回限定生産)

ベルヴィル・ランデブー / エディシオン・コレクトール (初回限定生産)

この監督の短編作品「老婦人とハト」は初回限定版にしかついてこないみたい。
レンタルでは見れなさそう。というわけでさっそく予約しました。

「ベルヴィル・ランデブー」オフィシャルサイト

2005年04月16日

コンスタンティン

コンスタンティン

映像がかっこいい映画かなと期待してたけどそれほどでもなく割と普通な感じ。
冒頭で折れた槍とか出てきてもしかしてジョジョの弓と矢か!?と期待したけどそんなわけもなく(笑)脚本がいまいちなのか演出がかっこよくないのか見せ場がVFXだけなのか。地獄のシーンもロードオブザリングで似たようなイメージがあったからそれほど新鮮味もなく。。。壮大そうに見えてけっこう地味ですね。もっと派手に戦ってほしかったなぁ(そんな映画じゃないって)。マトリックスを期待すると危険です。

■ コメント

あ、私は面白かったです。昨日観に行ったのです。
キリスト教の内容だから日本人には分かりにくいってのはあるかもですね。
ぴあ読んで予習してから行きました〜。
あの槍はキリスト様を殺した槍なので、ものすごーく重要なシロモノならしいです。w
LAに立っている気分にさせる映像の質感と、パラレルワールドへ
自然に繋がってそうなリアリティがすごかったな。映像から匂いとか空気感じた! 
あとそうとうアナーキーで新しいかも。天使が「ふぁっくおふ」って言ってました(笑)。

投稿者: sawa  4 17, 11:20
■ コメント

CMと予告編を見ただけで行ったので期待してた感じじゃなかったんですよねぇ。
「マルコビッチの穴」の時のそういうのを見たいわけじゃないのになぁという気持ちと似てました。
でも普通に見ればおもしろいのかもしれませんね。

投稿者: Ryuichi  4 17, 22:45

2005年03月30日

「ジョジョの奇妙な冒険」第一部 アニメ映画化決定

「ジョジョの奇妙な冒険」第一部 アニメ映画化決定

ページの一番下に書いてあります。
一部とは渋いなぁ。
一部は実写の方が向いているかなとか思ったりもする。
でも中途半端に映画化されてもがっかりなのでやっぱり権利は売らないでほしい。
微妙なファン心理(笑)

■ コメント

みみみ、見たいです。
だまされるとわかってたとしても目を通しておきたいですね!オラオラ!

投稿者: kokoro  3 31, 01:43
■ コメント

ぬぁあぁぁぁぁぁにぃぃぃーーーーーーーー!!!
見る見る見る見る見る見る見るぅぅぅ!w

投稿者: TRUE  3 31, 22:29
■ コメント

「やれやれだぜ」とか思ってもやっぱファンとしては見たいですよねぇ。
どうなるか楽しみにしましょう。

投稿者: Ryuichi  4 01, 00:10

2005年03月03日

セルラー

セルラー オフィシャルサイト

そんなに有名な映画でもないと思うので紹介します。
脚本はフォーンブースと同じ人なので展開のうまさは折り紙つき。
今回は携帯電話です。これがまたよくできてます。
小物を使った映画の教科書のようです。この映画で授業ができるかも(笑)
フォーンブースが楽しめた人には特におすすめです。
予備知識なしで見る方が楽しめると思います。

2週間しか上映しないので見に行く人はお早めに。


フォーン・ブースPhone Booth

2005年01月27日

ベルヴィル・ランデブー


ベルヴィル・ランデブー オリジナル・サウンドトラック

映画「ベルヴィル・ランデブー」オフィシャルサイト

この受賞歴を見ればいかに評価されている映画かがわかると思います。

フランスのアニメーションというとオシャレで堅苦しいイメージがあるかもしれませんが
このベルヴィル・ランデブーはそんな映画ではありませんでした。
一言で言えばバカ映画?でもいい意味で期待を裏切ってくれます。
ノリもよく笑えて楽しめる映画です。

でもこの映画にはセリフがほとんどありません。
なくてもいいセリフはすべて省かれてます。でもそれによってキャラクターに味が出ています。
「ウォレスとグルミット」のグルミットがしゃべらないのに味があるのと同じ感じです。

おばあちゃんが元気なところはハウルの動く城に似ているかもしれません。
本筋と関係ないシーンに力が入っているところも(笑)

とにかくこの映画はオリジナリティがすばらしい。
日本のアニメではあまり見ることができないおもしろさだと思います。

ここでお得情報。
新宿高島屋のテアトルタイムズスクエアでは毎週水曜日は男女問わず1000円で見ることができます。見に行くなら水曜日がおすすめです。
タイムテーブルはこちら。

■ コメント

フランスのアニメいいですよね。
シーグラフ内の上映で pfffirate (←読めない) という、
全部風船で出来た世界の風船海賊おじいちゃんのお話があって、
確かフランスの作品だったのですが、これが一番好きでした。
http://www.3dawards.org/2004/02student.php
1000円ですか!ではさっそく水曜に新宿へ行ってみよっかな。

投稿者: sawa  1 28, 02:03
■ コメント

ベルヴィル・ランデブー見たら感想聞かせてください。

あの風船の作品はよくできてますよね。
たしかあれはシュパンフォコムの学生作品ですよね。
フランス恐るべし。。。

投稿者: Ryuichi  1 29, 00:01

2005年01月22日

Tim Burton's Corpse Bride

Tim Burton's Corpse Bride
Tim Burton's Corpse Bride

ティム・バートンのコープスブライド。
ついに予告編が公開されました。
まさにナイトメアビフォアクリスマス風。
でもこれはストップモーションアニメなんだろうか。
だとしたら動きがかなりリアルですね。

ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション
ナイトメアー・ビフォア・クリスマス コレクターズ・エディション

■ コメント

はじめまして!
仕事の昼休みにこのエントリーを見つけて思わずトラバさせて頂きました。
後で挨拶に伺おうと思っていたら、先にトラバ返し頂いき、ありがとうございます(^-^)。
またちょくちょく遊びに来させてもらいます〜m(._.)m

投稿者: da  7 06, 00:29
■ コメント

コメントありがとうございます。
ティムバートンいいですよね!
ナイトメアが好きなのでこれも楽しみです。
今後ともよろしくお願いします。

投稿者: Ryuichi  7 07, 23:16

2004年12月30日

2004年 個人的映画ベスト

2004年に見た映画のベストは?
といいたいところですがまだ見ていない映画があるのであんまり決められない。
でも今のところ良かったかなと思うのは「フォーン・ブース」。(公開は去年でしたっけ?)

フォーン・ブース
フォーン・ブース

短くて最後までダレずに見れるところがよかったかな(変な理由)。金かけなくてもおもしろい映画が撮れるということがわかります。

スパイダーマン2もMr.インクレディブルもよかったけどベストとは言いづらい。
普通にエンターテイメント作品として楽しめるけど今さらここでおすすめする必要もないですよね。
それよりも今年はシャマラン監督の売れる映画の法則がわかった発言とかヴィレッジの演出方法について語る方が意義がありそうだ。

■ コメント

へぇ〜
面白そうだねぇ〜
髭が微妙に青いから「ホモオダホモオ」(古いか!)
プリンスに見えてしまうのは俺だけ?

投稿者: まさき  12 31, 01:18
■ コメント

もし見たことないなら見た方がいいよ。
映像的にはそんなにすごいところはないけどストーリー展開がうまいです。

投稿者: Ryuichi  1 05, 23:52

2004年12月17日

ピクサーに何が起こった?新作「Cars」が公開延期

ピクサーに何が起こった?新作「Cars」が公開延期

全米公開が05年11月から06年6月9日に延期となったそうです。2年後か。。。
この方がより多くの収益を見込めるからということだそうですが、ストーリーが一番大事だと言っている会社が利益のために発売を延期するかな?

予告編の評判があまりよくなかったということも書かれていますが、最初見た時なんとなく微妙な気がしたのは間違ってなかったんですね。
でもファンは延期しても期待していると思います。

2004年12月12日

Mr.インクレディブル

the art of Mr.インクレディブル
the art of Mr.インクレディブル(Amazonで購入する)

奥さんががんばってます。主婦は強い。
ストーリーは王道中の王道でどこかで見たような気もしますが、伏線や見せ方がやっぱりよくできている。それぞれの能力をうまく活かすように展開されていて後半にいくほどおもしろくなっていく。この辺はいつ盛り上がったのかわからないハウルとは大違い。
スピード感あり対決シーンあり笑いあり、エンターテイメント作品として安心して楽しめます。
次回作「Cars」の車も出演していたようですが見つけましたか?

ちなみにファッションデザイナーのエドナの声はブラッドバード監督がやっているそうです。
http://www.s-woman.net/brad/top.html
全然気付かなかった。

ブラッドバード監督の前作「アイアンジャイアント」もおすすめですよ。

アイアン・ジャイアント スペシャル・エディション

■ コメント

Mr.インクレディブル、さいこーに楽しい映画でしたね。ピクサーとディズニーのごたごたも観ている間は忘れました。
時期がハウルとかぶるのが残念ですが、ブレイクするといいなと思います。
TBありがとうございました。こちらからもさせていただきました。

投稿者: まにまに  12 12, 20:18
■ コメント

TBありがとうございます。
Mrs.インクレディブル大活躍でしたね。ダッシュくんのスピード感もたまりませんでした。今のところ今年観た映画でNo.1です。

投稿者: h_m_55  12 12, 22:53
■ コメント

TBありがとうございます。
この「the art of Mr.インクレディブル」、本屋で見かけて『欲しい〜!』って思ったんですが、値段を見て挫折してしまいました。
ラフスケッチを見てるだけでも非常に楽しい作品ですよね。

投稿者: ともや  12 12, 23:27
■ コメント

TBどもです。

まぁ、インクレは、普通にいい映画でしたね。
ありきたりながら、演出が抜群にいいので大人の鑑賞にも堪えますし。

投稿者: はまぞう  12 13, 09:01
■ コメント

TBありがとうございます。
確かに主婦は強かった。いろんな場面で活躍しましたよね。
というかMr.インクレディブルが一番弱そうに見えちゃったのは自分だけ?

今回のがかなり面白かったので「アイアンジャイアント」も観てみようと思いました。

投稿者: コテルリ  12 13, 17:27
■ コメント

コメント&トラックバックありがとうございます。
やっぱりピクサーの映画は安心して見ることができますね。
ただ、あのキャラクターは日本ではあまり受けそうにないので(笑)どこまでヒットするかな?

投稿者: Ryuichi  12 15, 22:20
■ コメント

昨日 家族で観ました。吹き替えで観たのですが
どうしても 黒木香が母様の後ろでチラチラとダブってしまって それに比べ三浦友和は インクレティブルでした。それとシンドロームがどうしてもクリームシチューの有田にみえて 途中から彼がそこにいるよう気がして 違った意味で笑ってました。
でも 楽しかった♪

投稿者: ゆき  1 07, 13:02
■ コメント

クリームシチューの有田ってのは「こちとら自腹じゃ」で井筒監督も言ってました。主人公がアンタッチャブルの山崎に似てるとも言ってたかな?有田と山崎の戦いだって言ってて笑えました。

投稿者: Ryuichi  1 07, 21:26

2004年12月06日

ハウルの動く城

ハウルの動く城(オフィシャルサイト)

人によって評価が分かれそうですね。
特に大きな目的があるわけでもないので盛り上がりに欠けるのかも?
あまり多くが語られないのでなぜそうなのか?という疑問がいくつもありました。
でもこの作品ではそういうのはどっちでもいい気がしました。
たぶん動く城を描きたかっただけじゃないかな(笑)

ストーリー以上に登場人物が魅力的でしぐさなどが非常におもしろい。
そういうしぐさを見せることに重点が置かれているのでストーリーはそんなに重要ではないかも。掃除したり、休憩したり、階段上ったりといった本編と直接関係ないところにけっこう時間が使われてます。だからストーリーを語る時間がなくなったんじゃないかな(笑)階段を上るだけなのにあんなにおもしろいのはすごいですね。キャラクターを魅力的に見せるお手本のような映画。

ハウルの動く城 FAQ集(ネタばれあり)

2004年11月06日

ピクサー作品「Cars」

cars.jpg
Cars
http://www.apple.com/trailers/disney/cars/

Mr.インクレディブルの次の作品「Cars」の予告編を見ることができます。
公開は2005年12月とかなのでまだ1年以上先ですが、これがディズニーとの最後の作品になるのかもしれません。

車に顔がついてます。。。
なんか微妙な気がするんですが(笑)、監督がトイストーリーなどのジョンラセター監督なのできっとおもしろい作品になることでしょう。
その次の作品はジェリーズゲームという短編のジャン・ピンカヴァ監督が作るというのをどこかで見た気がしますがまだ気が早いですね。

2004年10月30日

映画のポスター画像

Poster Image Archive

色々な映画のポスター画像を見ることができます。
小さいサイズのものもあるけど「ショーシャンクの空に」はいい大きさです。

2004年09月17日

スウィングガールズ矢口史靖監督の講習会メモ

スウィングガールズの矢口史靖監督の講習会に行ってきました。
約2時間半ありましたが映画のことに限らず色々な話を聞くことができました。
せっかくなので要点をまとめました。ネタばれもあるかもしれないので見ていない人は読まない方がいいかもしれません。

前半はこの映画を作ることになったいきさつなど。インタビューなどで語られていることとだいたい同じ。

10個ぐらいシナリオを書いたりした。何回も書き直すのでスタッフが止めたりする。
映画館で見たいかどうかを一番に考える。
書いた絵をパソコンに取り込んで自分でビデオコンテを作る。

東北弁では字幕が必要になってしまう(笑)そこで、山形あたりにする。
標準語でセリフを書いてそれをフジテレビのアナウンサーの武田祐子さんが山形出身なので彼女に頼んで山形弁に代えてもらう。でもそれでもわからない。そこでさらに南の米沢弁に代える。
映画はすべて米沢弁。田舎だという設定もないのでこの世界では米沢弁が普通になっている。

最初は刑務所ものだった。
囚人達が脱走のために穴を掘って逃げようとする。掘っている時の音を隠すためにジャズバンドをやるというもの。でもこれを映画として見たいか?と思ってやめた。
女子高生がやるギャップがおもしろいから。

前回のことを避けてやるのはクリエイティブじゃなくマイナスになっている。おもしろければ似てる似てないは関係ない。
ウォーターボーイズの次だからガールズだというわけではない。
おばあちゃんがやっているのを見ていたらスウィングオバアチャンズになっていたかも。
とんでもない展開でもウォーターボーイズで認められていたので作りやすかった。

今回はけっこう手ごたえがある。
主人公の女性が最初は嫌な感じで始めは男性に感情移入するけど、ある時を境に主人公に感情移入していく作りになっている。

ウォーターボーイズの主人公やスウィングガールズの男性は監督自身。
女性の個性が強いのは自分が女性ではないから好きなようにキャラクターを作れる。
恋愛シーンが少ないのは苦手だから。でも今後は恋愛ものも撮るかもしれない。

学生時代から作品を作っていた。16ミリを取りたいけどお金がなかった。
だからぴあフィルムフェスティバルに出して賞金をもらおうと思ったらグランプリをとった。
そこからお金を出してくれる人がでてきていくつか作品を作りながら今日に至る。

ウォーターボーイズよりも制作費は約1億円多い。音楽の権利に数千万はかかっている。音楽がメインなのできちんとお金をかけている。

合宿は逃げられないところでやるのが鉄則(笑)遊べない地方で行う。

自分の作品には景色だけのシーン(芝居のないシーン)がない。
今回は入れようと思っていたけど結局入れなかった。
なぜ入れないかというと変化がないから。自分の経験で言うと何も変化のないシーンでは眠くなる。情緒があるとも言えるが自分の作品では使っていない。

音楽を使った映画なのでやり取りを音楽で語っているところがある。シナリオだけ読むとおもしろくないかもしれない。

イノシシのシーンは一度シナリオからはずした。でもぜひ入れてくれと言われて撮り方を一週間考えてあの方法を思いついた。今となっては入れてよかったと思っている。

スウィングガールズのテレビドラマ化はわからない。ウォーターボーイズのドラマも一切関わっていない。

ウォーターボーイズの時は監督に向いていないんじゃないかと思った。スウィングガールズではできあがったものを見て思っていたよりもよくできていて監督は楽しいなと実感した。今後も続けていこうと思った。

ギャグ映画を作っているわけではない。狙っているわけではなく常にストーリーが流れているという考え方。

まずはおおまかに流れを決める。その後にシナリオを書く。書いたものを奥さんに見せるがたいていダメだしをされる。うまくいかない時はいちから書き直す。

尺はなるべく短くしたい。楽しいままラストまで持っていきたい。

脚本の段階で撮るのが難しいとわかっているシーンを入れるのはポジティブではなく考えてないだけかも?でもスタッフがなんとかしてくれるというのもある。
撮っている時にたいへんでもいいものができたら後でみんな喜んでくれる。
いいものになるとわかっていたら途中で諦めてはいけない。

スウィングガールズの絵コンテ集が10月に発売される。

■ コメント

こんばんわ。
コメントありがとうございました。
イノシシのシーンがカットされる可能性もあったのですかぁ・・・これがなかったら平均の評価がかなり下がっているような気がしますね(笑)
刑務所ものになっていたら『バンデッツ』と重なりますもんね。色々苦労したシナリオだったんですね〜
フジ系の特番がようやく石川県でも放映されますので、しっかりチェックの準備を整えています。

投稿者: kossy  9 17, 21:42
■ コメント

 初めまして、とても興味深く読ませていただきました。
 東北弁→山形弁→米沢弁、なんですね。
そして、監督、やっぱりおもしろい方ですね。
 これからも監督の作る作品が楽しみです。

 あ、自分の居る地域でも日曜日特番やるので、かならず見ます〜。

投稿者: natoo  9 18, 02:46
■ コメント

コメントありがとうございます。
シナリオは色々考えて作られているみたいでした。
イノシシのシーンは書いている時は撮り方を考えていなかったらしいです。
方言は地域によって微妙に変わってくるんですね。

投稿者: Ryuichi  9 19, 20:58
■ コメント

こんばんは!

矢口監督の講習会、楽しく読ませていただきました!
少しだけだけど、作り方とかが分かって面白かったです。
ありがとうございました♪

投稿者: tomocetomoko  10 03, 21:45
■ コメント

コメントどーもです。
もっと色々な話を聞いてみたい感じでした。
次はまだ考えてないと言っていたけど、次の作品が楽しみですね。

投稿者: Ryuichi  10 04, 00:31

2004年09月15日

ヴィレッジ(ネタばれなし)

ヴィレッジ(公式サイト)

某Blogでオチを知ってしまったので(オチを書くなよ)おもしろさ半減ですが、それでも楽しめました。ネタを知ってしまって期待せず見たのが逆によかったのかもしれない。たぶんこの映画は賛否両論あると思うけど自分としてはけっこう好きかも。少なくとも前作のサインよりは確実にいい。

予告編がホラー映画っぽいけど全然そんなことはありません。怖さを求める映画ではありません。どちらかといえばラブストーリー?でもそれがストーリーとうまく合っている。しかも複線の貼り方とか演出がうまい。この映画けっこう深いですよ。感心したところもいくつかあり。
気になるところもありますが(ここでは書けませんが)見終わった後でも色々と想像させる映画だと思います。もう一度見て色々確認したい。

■ コメント

TBどうもありがとうござます。
ま、まさか、某blogって俺のところじゃないですよね?ドキドキ・・・
やっぱりそうかな・・・

投稿者: kossy  9 16, 21:03
■ コメント

勘違いする書き方でしたね。すいません。
全然関係ないところなので大丈夫です。
こういう映画は感想を書くのが難しいですね。

投稿者: Ryuichi  9 16, 23:52

2004年09月01日

LOVERS

lovers.jpg

LOVERS

広いようで非常に狭い世界のお話。
色んな意味でそれでいいのか?という気がしました。んなアホな!というシーンもいくつかあり、笑うところじゃないのに劇場では失笑が起こってました。もしかしたらバカ映画かもしれません。

唯一の救いはチャン・ツィイーの踊りかも。
足が180度真上に上がります。まるでバレエダンサーのようです(実際バレエもやっていたそうですが)。剣術もできるしフランケンシュタイナーまで決めてます。他の女優が練習しても真似できないと思う。

それと金城武があちらの言葉を使われていたので、字幕だと演技が分からないので日本ではこの方がいいかもしれません(笑)。

チャン・ツィイーの美しさ以外はすべてにおいて「HERO」の方が上です。
チャン・ツィイー目的でなければDVDでもHEROを見た方がいいと思います。

2004年08月24日

スウィングガールズ

swinggirls_poster.jpg
スウィングガールズ

SWING GIRLS(オフィシャルサイト)
予告編

お台場の先行試写会に行ってきました。
監督、スウィングガールズの舞台挨拶、劇場では流れない短編ムービー、スウィングガールズ達の生演奏と盛りだくさんの内容で1000円でした。これはかなりお得でした。
まだ公開前なのでネタばれは書きませんが、ウォーターボーイズ(映画版)が好きな人なら楽しめると思います。

ウォーターボーイズもそうだったけどストーリー展開があいかわらずうまい。
短編ムービーもちょっとした話なんですが笑いのたたみかけがうまかった(これはおそらくDVDに入るんじゃないかと思います)
女子高生達はもしかしてパンツが映っているんじゃないか?(確認してませんが(笑))と思うぐらいイキイキとしています。ウォーターボーイズの女性版という感じなのであのノリが楽しめる人なら必見です。

■ コメント

アンニョン。TB感謝です。
やっぱり東京の試写会は豪華ですね。
でも監督+一名来てくれただけでもヨシとすべきかも。

投稿者: xina-shin  8 30, 00:24
■ コメント

コメントどうもです。
盛りだくさんの内容で充実した試写会でした。
映画はヒットするかな?

投稿者: Ryuichi  8 31, 00:04
■ コメント

スイングガールズって合唱かなと思いました。ポスターを観てブラスの映画みたいと思い見てみたいと思ってます。うちの娘も小学校六年からサックスをしています今は高校一年生です。ブラスやマーチングをして楽しんでいます。アメリカの映画でドラムラインも見ましたがとても興奮していました。楽しみにしています。

投稿者: 織田恵子  9 10, 23:40
■ コメント

ビッグバンドというらしいです。
あの映画を見ると楽器をやってみたくなります。楽器を演奏できる人がうらやましい。

投稿者: Ryuichi  9 11, 00:45

2004年08月03日

シュレック2

まさかアイフルのCMのパロディまであるとは思いませんでした(笑)。
映画のパロディとディズニー批判がけっこうあるのでそれに気づけば笑えます。
でも子供は笑えるんだろうか?
映画の中ではディズニー批判(実際は童話をディズニーが作品にしているだけだけど)が笑いになっているけど、ディズニーとドリームワークスの関係を知っていると卑屈すぎてあまり笑えません。

「シュレック」はカッツェンバーグを押さえて見るとオモシロイ

前作がアカデミー賞を取ったのは意外でした。今作も取ったらおそらくアカデミー会員にアンチディズニーがかなりいるものと思われます(笑)。

それにしてもドリームワークスは、バグズライフに対して「アンツ」、ディズニー作品に対して「シュレック」、ファインディング・ニモに対しての次回作「シャーク・テイル」。
よくやりますねぇ。。。

■ コメント

ドリームワークス、またもディズニーに嫌がらせ
http://eiga.com/buzz/040810/11.shtml

投稿者: Ryuichi  8 13, 00:39

2004年07月31日

Mr.インクレディブルの日本語予告編

Mr.インクレディブルの日本語版の予告編が公開されています。

http://www.disney.co.jp/incredible/

あとこんな噂も。

ディズニーとピクサーが復縁?

戻らなくていいと思います。
でもトイストーリーとかの(ピクサーが作る)続編が見れなくなるのが痛い。
ディズニーきたない。。。

2004年07月16日

スパイダーマン2

高いところで戦うシーンが多いので高所恐怖症の人にはゾッ〜とする映画です(笑)。
つっこみどころはあるけどそれも含めて楽しめば非常におもしろい。
背中にあんなアームをとり付ける必要はあるのかと(笑)。
そんな技術力があるのに制御チップが壊れやすかったり(笑)。
バカっぽいところは素直に笑いましょう。

ひとつ気になったのは手術室でのシーンでした。
ここだけなぜか撮り方が昔のホラー映画のようでした。
サムライミ監督といえばそういう映画を撮っていたのでたぶんあのシーンはわざとだろう。

気に入ったシーンは喫茶店でいきなり車がガラスを割って吹っ飛んでくるところ。
MJを抱きかかえてその車を跳びながら避けるところが常識外れでおもしろい。

主人公が苦悩するところは魔女の宅急便のキキのようです。
空を飛べなくなるという点も同じですね。

スパイダーマンがヒットした要因はあの街中を飛び回る疾走感と飛んでいる時の体のソリだと思うのですが、今作もそれは健在です。
いいソリしてます。

2004年07月07日

ナイトメアー・ビフォア・クリスマスが再上映

あのナイトメアー・ビフォア・クリスマスが10/23に再上映されるらしい。
http://www.movies.co.jp/nightmare/index.html

東京ディズニーランドの「ディズニー・ハロウィーン」に合わせてということかな?
コープス・ブライドの予告編とか見れるのなら行ってもいいかなという気もするけど、今なら1800円払ったらこの映画のDVDが買えるかも(笑)

2004年06月26日

ティム・バートンのコープス・ブライド

ティム・バートンのコープス・ブライド(仮題)
http://www.animated-news.com/archives/00001673.html

2005年秋に公開予定のティム・バートンの新しいストップモーションアニメ映画の画像を発見。
ナイトメアにそっくりだ。

ワーナー・ブラザーズのサイトによると(下の方です)

結婚を控えた男が、ふとしたことから“骨”=死体と結婚してしまい!? 19世紀ロシアで実際に起こった出来事を元にしたダーク・ファンタジー。このジャンルなら右に並ぶ者のないティム・バートンが製作を担当する。

とのこと。すごい実話だ。
まだ1年以上先ですが今から待ち遠しい。

2004年06月11日

フォーン・ブース

cover
Amazonで購入する

フォーン・ブース

公衆電話の中だけでストーリーが進んでいくという非常に小規模な映画です。
しかも10日間で撮影したというハリウッド映画ではありえない短期間です。
でもだんだんとたいへんなことになっていく展開に目を離せなくなっていきます。
これは非常にうまいですね。
普通はこういう事件に巻き込まれる主人公といえばいい人が多いだろうけど、この主人公はちょっと悪い部分があり、でもそれがこの映画を引き立ててます。
主人公が普通にいい人だったらこんなにおもしろくなってないかも。

映画を撮るのに街を作る大作映画もあれば公衆電話だけで撮る映画もあるという、アイデアがあればおもしろい映画を撮れるという見本のような映画。
80分ぐらいの短い映画なのでぜひ見てみてください。

■ コメント

今日ここ発見しました。
なんか俺と映画の評価がすごい似てたんでついつい書き込みですw
これはおすすめですよ!

投稿者: らいちゃ  6 27, 03:57
■ コメント

どーもはじめまして。
映画の趣味が合うかもしれませんね。
もし何かおすすめがあったらぜひ教えてください。

投稿者: Ryuichi  6 30, 23:49

2004年06月07日

変な予告編。マッハ!!!!!!!!

マッハ!!!!!!!!
http://www.mach-movie.jp/

予告編(ムービーが始まります)

びっくりマークの数もすごいですが、この映画の予告編もかなり変です。
なんだこりゃ?
なんか特打ちのCMを思い出しました(笑)
これでマトリックスのようなありえない動きをやっていたら話題になるかも。

■ コメント

かなりそそられてしまいましたw

投稿者: らいちゃ  6 27, 04:05

2004年06月03日

キル・ビルvol.1


Amazonで購入する

キル・ビル Vol.1

人を殺してるだけでストーリーがないですね。
よくこんな映画がヒットしてたなぁ。音楽のおかげかな。
登場人物とかB級っぽいところがおもしろいんだろうけどそんな一般受けする内容かな?
殺し方がエグすぎて笑えないんですけど。。。
もっとオブラートに包んだ演出ができないんでしょうか(タランティーノ監督だからしかたないか)。
もし無名の監督が同じような映画を撮っても評価されないんだろうな。
たぶんバカ映画って言われていると思う。
タランティーノ監督だからというところが大きい気がしました。
2は見なくていいや。

■ コメント

これほんとにつまらなかった。
いいのは音楽だけ!
言ってる事まるかぶりw

投稿者: らいちゃ  6 27, 04:00

2004年06月02日

ビッグ・フィッシュ

ビッグ・フィッシュ
http://www.big-fish.jp/

素直にいい映画を見たなぁと思えました。
今回はネタばれはやめておきます。
前半はちょっとだれる部分もあるけどそれが後半につながっていくので最後まで見れば納得です。
このエンディングは最高にいいですね。
素晴らしいです。
現実のようでファンタジーのようで、ちょっとしたユーモアもあってさすがティムバートン。
映像やセリフがしゃれてます。
見ていない人にはぜひおすすめです。

2004年05月29日

スパイダーマン2の制作費で考えること

ゴジラの制作費が20億円ですごいと書きましたがスパイダーマン2の制作費はなんと220億円。
ケタが違う。
ちなみに前作は166億円だそうです。
そんなにお金をかけた映画に見えなかったけど(笑)

そんなにお金があるなら映画なんて作らずにみんなで分けたらいいのに、なんて思うのは貧乏人の考え方でしょうか(笑)
普通のスタッフでも1千万ぐらいもらえそう、なんて。

お金をかけたからといっていい映画ができるわけじゃないけど、すごい映画はガンガンお金をかけた方がいいと思います。
よく日本では低予算でこんなにすごい映画を作ったということを自慢のように言っている人もいるけど、その金額で作れるのならということで今後それが基準になって次からの制作費が減っていきそう。
巨匠が安い金額でやってたら下っ端はそれ以上になることはないと思う。
底辺が底上げされるならトップがすごい金額なのはありだと思う。

2004年05月28日

ゴジラは制作費もでかい

GODZILLA FINAL WARS
http://www.yomiuri.co.jp/hochi/geinou/may/o20040525_10.htm

制作費は約20億円だそうです。
日本でこの金額はけっこうすごいですね。
でも出演がTOKIOの松岡昌宏と菊川怜っていうのがなんとも。。。
監督は「あずみ」の北村龍平監督。
またハリウッドの話を延期してこちらを受けたそうですが大丈夫でしょうか。
色んな意味で心配です。

2004年05月13日

気になる映画のトレイラー

これから公開される映画のトレイラー(予告編)をまとめました。
どれを見に行きますか?

hellboy
トレイラー
オフィシャルサイト

The Chronicles of Riddick
トレイラー
オフィシャルサイト

spider-man_2
トレイラー
トレイラー2
オフィシャルサイト

Van Helsing
トレイラー
オフィシャルサイト

The Incredibles
トレイラー
オフィシャルサイト

ALIEN vs. PREDATOR
トレイラー
メイキング
オフィシャルサイト

CATWOMAN
オフィシャルサイト
オフィシャルサイトにトレイラーあり

SKY CAPTAIN AND THE WORLD OF TOMORROW
トレイラー
オフィシャルサイト

SHREK 2
トレイラー
オフィシャルサイト

The Village
トレイラー
オフィシャルサイト

HARRY POTTER AND THE PRISONER OF AZKABAN
トレイラー
オフィシャルサイト

D-war
オフィシャルサイト
オフィシャルサイトにトレイラーあり

King Arthur
トレイラー
オフィシャルサイト

TROY
トレイラー
オフィシャルサイト

STEAMBOY
トレイラー
オフィシャルサイト

2004年04月29日

キャシャーン


Amazonで購入する

CASSHERN(キャシャーン)

かなり期待して見に行ったんですがかなりダメダメでした。
始まって5分ぐらいで嫌な予感がしたんですがまさにその予感どおりでした。。。

なぜこんなにダメなのか考えながら見ていたんですが(笑)、一番の問題は展開を順番に見せているだけでそこに人間関係や感情の変化などがないから(あるけどそこに持っていくまでの見せ方が悪い)誰が何をやりたいのかがいまいち伝わらないように感じました。
全体的に説明が足らないと思う(もしくはもっと省いてひとつのシーンをしっかり見せるべきかと)。

編集もプツッと切れるところが何箇所かあってうまいとは言えない。
アクションシーンも細かいカットをつなぎすぎで何をしているのかわかりづらい。

最後の回想シーン(現代っぽい景色のところ)はいらないと思う。
それまでの作りこんだ映像が台無しな気がするし、そんな風景がどこにあったのか?疑問でした。

CGなどの映像はかっこいいんですが、背景のCGが小さい画像を引き伸ばしてるのか解像度が足らないのかわからないけどなんかぼやけている感じがして人物との違和感を感じました(遠くの景色がぼけているのとはまた違う感じ)。
スタッフロールを見ているとあの映像の割には人数が少ないように感じて(テレビではCGで30人と言っていたけど)かなりたいへんだったんじゃないでしょうか。
終盤(だと思う)になっても人を募集してましたし。
助監督が逃げたなんて週刊誌ネタも本当だったんじゃないかと思ってしまいます。

でもよかったシーンがひとつだけあります。
それは最初にキャシャーンがロボット軍団と戦うシーン。
ここだけは非常にかっこいいです。この調子で他もやってほしかったです。

この映画で伝えたいメッセージがあるようですが、それをキャラクター達がそのまましゃべっているので
別に映画でなくてもテレビに出て言えばいいのにと思いました。

PV監督が映画を撮るとやっぱりこうなってしまうのかな?
この映画を見て考えたのが、PVと映画は根本的に違うんじゃないかということです。
PVはまず音楽ありきで音楽に映像を合わせる部分があって、ストーリーを見せるにしてもセリフでストーリーを説明するわけではなく、映像だけで視聴者にストーリーを想像してもらうところがあると思う。
でも映画は映像やセリフなどでストーリーをきちんと伝える必要がある。
そこが根本的に違うのかなと。
例えるなら幅跳び選手が棒高跳びをするような。
同じ陸上の跳ぶ種目でも跳び方が違うとやり方も違うという。

キャシャーンについて評価しているサイトを見つけたけどほとんど否ばっかりですね(笑)
紀里谷和明監督の映像センスはすごいだけにもったいないな。
今後に期待しています。

■ コメント

takerattaです。
今日あたりの感想は奥深い作品に出会えたのだなという感じです。
不思議なものです。
もう一度みたいとすら思うようになりました。

投稿者: takeratta  5 06, 20:39
■ コメント

http://www.geocities.co.jp/AnimeComic-Pastel/5501/casshern1.html
(ネタばれあり)
一度映画を見ただけではわからないことが色々あるみたいです。

投稿者: Ryuichi  5 13, 19:03

2004年04月27日

気になった映画

CMで見て気になった映画です。

GOD*DIVA ゴッド・ディーバ
http://www.god-diva.jp/

あまり話題になってないような気がするけどどうだろう?

2004年04月02日

マッチスティックメン

cover
Amazonで購入する


マッチスティックメン
http://www.matchstick-men.jp/

「絶対キレイにだまされる」
というキャッチコピーで宣伝されていた映画で、ストーリーもよくできていると評判だったので期待して見てみました。

う〜ん、そんなに言うほどでもないかなぁという気がしました。
結末は書きませんが、色んな複線があるとか最後にもうひとひねりあるのかと期待してしまいました。
ただ、難しい映画でもなくノリも軽いので十分楽しめます。
潔癖症の詐欺師という設定がおもしろいのかもしれません。
派手な演出はないので割と低予算映画なのかな。
あのキャッチコピーからもっとすごいオチを期待したので別の意味でキレイにだまされました(笑)

2004年03月07日

ハリウッドビジネスの裏事情

映画の都 ハリウッドビジネス裏事情
http://www.eigafan.com/abroad/business/main.asp

バックナンバーも見るとハリウッドの訴訟の歴史がよくわかります。
弁護士の方だけあって詳しく解説されています。

2004年02月26日

丹下絋希さんの作品に期待「JamFilms2」

JamFilms2
http://www.jam-films.com/2/index.html

今回は作品数が少ないですが、この中で期待しているのは丹下絋希さんの作品。
Mr.Childrenの「くるみ」のPVを見ては期待せずにはおれません。
”preview”で予告編を見ると、色んなところにファスナーがついてる?
なんかジョジョを思い出してしまった。
この作品だけ500円ぐらいで見れませんか?(笑)

■ コメント

2がまだだというのにもう3も制作しているんですね。
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200312/gt2003121202.html
そういえばこの記事前に見たことあるな(笑)

投稿者: Ryuichi  3 02, 22:54
■ コメント

jam2楽しみです。
とにかく期待!ですね。
曲がミスチル…
ミスチル・・・丹下さん・・・ミスチル・・・丹下さん
この組み合わせが多いですが、気に入ってるのでしょうか??

投稿者: mi-ya  3 19, 22:27
■ コメント

ミスチルとかケミストリーとかMISIAとかも毎回やってますね。やっぱりひっぱりだこなんじゃないかな。

投稿者: Ryuichi  3 20, 00:19

2004年02月18日

100本の映画に主演、でも。。。

宣伝しまくりでちょっと引いてしまう哀川翔主演の映画「ゼブラーマン」ですが、
主演映画100本目ということがすごいと言われているけど
100本も映画に出てて1本もヒットしてないのもある意味すごいですよね(笑)
(すいません。ネタですのでファンの方は怒らないで〜)

このゼブラーマンがもしヒットするとすればその理由は
映画100本目だからとか脚本が宮藤官九郎だからとか内容がおもしろいからとかではなく
このタイトルにあると思う。
細かく言うとゼブラマンのこの”ー(横棒)”
もしタイトルが”ゼブラマン”だったらキン肉マンに出てたし、”シマウマン”だったらダサすぎだしで、それほど話題にもなってなかったと思う。
ゼブラーマン、ヒットの秘密は横棒にあり?

2004年02月15日

キャシャーンの新しい予告編

C A S S H E R N . C O M
http://www.casshern.com/

新しい予告編が追加されています。
これはすごい映像だ。日本でこんな映画を作れるのか。
実は紀里谷和明監督が映画を作ると聞いた時からたぶんすごい映画を作るだろうと思ってたのでまさにその通りだった。
あとはシナリオがおもしろいかどうか。
それが一番重要だったりしますが、さてどうだろう。。。

ただ、映像がこんなにかっこいいのにキャッチフレーズが
「キャシャーンがやらねば誰がやる?」ですからねぇ。。。
ウッちゃんナンちゃんのやるならやらねばって感じですか(笑)

■ コメント

私は紀里谷ごときが、キャシャーンの醍醐味を伝えきれるかの方が心配です。

投稿者: 通りすがり  4 21, 07:31
■ コメント

おそらく原作を期待すると期待はずれに終わるような気がしてます。
でもあの監督の作った作品を見てるとかなりデキる人のような気がしたので映像には期待してます。

投稿者: Ryuichi  4 21, 20:35

2004年01月30日

アカデミー賞ノミネートで気になったアニメーション作品

アカデミー賞ノミネートが発表されましたね。
渡辺謙さん、”たそがれ清兵衛”ともに受賞してほしいですね。
日本人、日本の作品が海外で評価されることは純粋にうれしい。

ですが、ノミネート一覧を見て毎年楽しみなのはアニメーション部門だったりします。
おそらく今年は”ファインディング・ニモ”がとるだろうけどその中でひとつ気になる作品がありました。

”ザ・トリプレッツ・オブ・ベルヴィル(The Triplets Of Belleville)”です。

どんな作品だろう?と思って調べてみたら、監督は知る人ぞ知る、あの広島国際アニメーションフェスティバルの1998年にグランプリを取った”老婦人とハト”という作品のSylvain Chomet 監督でした。
やっぱり普通の人じゃなかった。

そのアカデミー賞を取った作品のサイトがこちら
http://www.sonyclassics.com/triplets/

こちらでその予告編が見れます。
http://www.apple.com/trailers/sony/thetripletsofbellville.html

音楽と映像がマッチしていて非常によくできている。
これは本編も期待できそうな気がします。
DVDって出ますかね?

2004年01月23日

ピクサーの新しい短編!Boundin'

Boundin'
http://www.pixar.com/shorts/bdn/

ピクサーの次の短編のようです。
予告編らしきものが少し見れます。
でもうちではなぜかIEではムービーを再生できませんでした。
そんな人いませんか?ただ、Operaでは見ることができました。
もしムービーが表示されないって人はOperaだと見れるかもしれません。

ちなみにピクサーの次回作は”The Incredibles”です。
http://www.pixar.com/theater/trailers/incredibles/index.html
http://www.apple.com/trailers/disney/the_incredibles/

監督はシンプソンズやアイアンジャイアントの監督をしていたブラッド・バード監督です。
これまた楽しみです。

2004年01月02日

マトリックスレボリューションズ


Amazonで購入する

マトリックスレボリューションズ THE MATRIX REVOLUTIONS

評判悪いのも納得。。。もったいない。
もう少し違う見せ方もあったんじゃないかなぁという気がする。
見てて疑問ばかりでした。この映画を理解できてないので当たり前か。
見当違いなことを書いてたらご指摘ください。

結局スミスを倒せばすべてオッケーなんでしょうか?
それだったら今までにチャンスがあったような気も。
それならそういう風に見せないと、それで解決するのなら大勢の犠牲を払ってまで機械と戦う意味はあったんでしょうか?
どう考えてもあのロボットに乗って戦っても勝てるわけないし。
(デザイン的にも人間が正面に無防備で見えてたらそりゃやられるでしょう)
スミスがやられたら一斉に引き返すのならそれまでみんなと一緒に逃げてたらよかったのに。
結局あの戦いの意味がよくわからなかった。ドリルも何?飛行船をつっこめばオッケー?
疑問ばかりでこんなんじゃ楽しめないですよね(笑)
たぶんそんな単純な理由じゃないのはわかりますがそう見えてしまいました。

それにしても画面が点滅しすぎです。
ライトとミサイルの光から雷まで、後半ずっと点滅してましたね。
子供のためにも”スクリーンを見るときは画面から離れて・・・”って説明文を入れた方がいいかも(笑)
目が疲れます。

脇役の配役について、あの設定なら誰でもいいような気がする。
(名前忘れたけど預言者とか前作の鍵のおっちゃんとかそういう人達)
普通っぽい人が多いですよね。
逆にそういうのをギャップとして狙ってるんだろうけどなんかはずしてるような気もするなぁ。

映像としてもCGの物量がすごいシーンは多かったけど、新しい表現はなかった気がするのでアカデミー賞にノミネートされなかったのも納得。ノミネートするなら前作の方がよくなかったですか?

マトリックスシリーズとして謎がすべて解けて完結してますか?
なんかマトリックスは1作目だけでよかったなぁ。
無理に世界を広げすぎというか、良くも悪くも自分達の世界に入りすぎていてそれをうまく映画の中で表現しきれていない気がしました。

2003年12月13日

ファインディングニモ


Amazonで購入する

ファインディング・ニモFINDING NEMO

おもしろかったです。
キャラクターもかわいいし、水のCGもかなりすごい。
という感想は他の人も書いていると思うので、あえてあまり他の人が書いてなさそうな感想を少し。
ストーリー上のネタばれは書いてませんが関連することを知りたくない人は見ないでください。

かなりアメリカンなノリな気がしました(アメリカで作ってるから当たり前といえば当たり前ですが)
しかもニモが生まれてから少しの間、テンポがかなり速くないですか?
間を切り過ぎじゃないの?という気がしてびっくりでした。
最初の方ついていけましたか?(字幕だったからかな)
細かいネタがいくつかあったのに早すぎてあまり印象に残らないのでもったいないと思う。

ニモの父親であるマーリンがあまり父親に見えなかったのは自分だけ?
過保護に子供を思う姿がどちらかといえば父親というより母親の性格に思えてしまいました。
(そのために導入部分があったわけですが)
あと、父親に見えない理由がキャラクターの色にもあると思う。
カクレクマノミの色が赤っぽいオレンジなので女性っぽく見えるのかもしれない。
一般的に男女を色で表すと青が男で赤が女だと思う。
でも一緒に行動していたドリーは女なんですが体が青なんですね。
この映画の場合、赤が男で青が女になっている。
この魚を選んだ時点でしかたないことだけど、もし知らない人がこのキャラクターを見たら男女の区別がわからないと思う。
そこになんとなく違和感を感じてしまいました。
ストーリー上どっちでもいいことなんですが(笑)

あと、映画のパロディがあったりもして知っている人は笑えます。
最後のスタッフロールではモンスターズインクのマイクが出てきたりと最後の最後までしっかり作られているところはさすがです。

最初この映画のことを聞いた時は、魚で映画になるのか?と疑問だったけどさすがピクサーですね。
参りました。
でも次の次は車が主人公ですよ(笑)
大丈夫かなぁ?と思うけどジョンラセター監督なのでまたおもしろい映画になるんだろう。

2003年10月28日

リベリオン

cover

これはハマるだろうなと思ってたんですがあまりハマらなかったなぁ。
主人公の感情の変化がなんかいまいち納得できなかったのと気になるところが色々あったので。
きっかけが弱くないですかねぇ。やっぱりそれまでに溜まってきてということでしょうか?
トップの人間を殺そうとするんですが、そもそも感情があるから争いが起こるということであのシステムを作ったのに、あれではまた同じ過ちを繰り返すことになるんじゃないでしょうか?

自分の意志で感情を抑制する薬を打つというのもなんか変な感じだ。
あれでは反乱する人が出てきても当然だと思う。

上司が主人公に向かって、
「感情を持った奴がいる。この私をコケにする気かぁ!」
と、机を叩いて怒鳴るんですが、あんたが一番感情持ってるやん(笑)
これ、上司も実は感情が残っているというのを見せるためにわざとですよね?
でももう少し冷酷な感じの方がいいような。。。

ガンカタを練習してるのに警備兵が普通に銃を撃ってるだけであっさりやられたりとか(何のためのガンカタだ?)、最後に上司を守る警備兵が銃じゃなく刀を持ってたり(笑)、しかも刀を構えずに主人公に近づいて行ってあっさりやられたり(そりゃやられるよ)
ガンカタがいかされてないよぉ〜。
ガンカタのシーンが思ってたより少なかったのでもう少し見せてほしかったなぁ。
この映画を好きな人はほとんどがガンカタがかっこいいと思って気に入っていると思うので
もっとガンカタに焦点を当ててファンを喜ばせてほしかったです。
でも見せ方はかっこよくキマッてます。

2003年10月21日

座頭市


Amazonで購入する

座頭市 <北野武監督作品>

ビートたけしがかっこよく見える映画。
エンターテインメントな映画と聞いていたのでもっとテンポがいいかと思ってたら割と今までどおりのゆったりした感じがしました。でもクライマックスはかなりいいです。これですべてを許せる感じ。
タップは誰に対して踊ってるのかわからなかったけど(客いた?)ノリがよくていい。
すごいと語られる殺陣もやっぱりすごかった。スローにするのがもったいない気もする。
これを見ると他の映画の殺陣がしょぼく見える可能性あり。
ギャグはベタなのも多かったけど突然くるので不意をつかれて笑ってしまいます。
ちなみに最後にとんでもないオチがあります。

でも北野映画で一番は?と聞かれたらやっぱり”キッズリターン”を選びますね。
この映画ももう少し評価されてもいいと思うんですけどねぇ。

■ コメント

ワタシももっとキッズリターン評価されていいと思いますね。
世の風潮を見ると、北野監督の映画はやはり暴力の痛さが評価されているのかなぁと思います。
それだけが魅力じゃないんですけどねぇ。

投稿者: 銀太郎  4 19, 22:12
■ コメント

わかってくれる人がいてうれしいです。
キッズリターンだけは自分の中では別格ですね。
音楽もいいし、キャラに味があるし、ボクシングもリアルだったりとか役者の演技が自然だし
、全体的によくできてると思います。
静かな映画だけどグッときますね。

投稿者: Ryuichi  4 21, 20:19

2003年10月07日

リーグオブレジェンド


Amazonで購入する

リーグ・オブ・レジェンド

こんなひどい映画は久しぶりに見ました(笑)
脚本がなってない(一応複線とか張られてるけど展開がいまいち)。編集も違う気がする。
もしかしたら出演者の注文がうるさくてあんな映画になったのかもしれないけど、なんかあきれてつっこむ気にもなりませんでした。
映像はかっこいいけどこの映画にCGを作ってる人達がかわいそうな気がしてきました。
試写会で見たからよかったけど劇場で見てたら絶対後悔してた。

■ コメント

リーグ、私はなかなか良かったとおもいます!
アランとか、トム・ソーヤーなど本好きにはたまらないし!

投稿者: みく  12 11, 18:04
■ コメント

キャラクターを知ってる人は楽しめるかもしれませんね。でもあの映画だけだと突然すぎていまいちよくわかりませんでした。

投稿者: Ryuichi  12 12, 00:00
■ コメント

HGウェルズ、ブラムストカー、コナンドイル他予習として読んでおかないとだめな映画ですね。私は子供のころよく読んでいたんでその知識で結構楽しめました。トムソーヤとアランクオーターメインとネモ船長やジキルとハイド氏から吸血鬼、透明人間まで昔SF小説、探偵もの、推理もの好きにはたまらないんでしょうね。これにルパンと日本から明智小五郎が参加すれば完璧?脚本はちょっとお粗末かな?悪いMは007といっしょなんですかね?ネモ艦長がインド人て言うのは知らなかった。

投稿者: たかや  3 07, 06:04
■ コメント

この映画は小説を読めば納得します。

投稿者: 謎ン  7 20, 17:57

2003年10月06日

シモーヌ


Amazonで購入する

シモーヌ

トゥルーマンショーとかが好きな人なら楽しめるはず。
現実に起こり得そうなテーマですが映画にはあまりリアリティはなく(特にコンピュータ関連)コメディな展開になっています。
細かいところを気にしなければ普通に笑える(ネーミングとか細かいところにもネタがあるみたいですが)
シモーヌという名前がSIMulation ONEから取ったとなってるけど、実はこの女優の本名がシモーヌみたいです。
この映画がきっかけで実際にこの映画の監督と結婚したそうで、実はこの女優に一番魅了されたのはこの映画の監督だったという(笑)
スタッフロールの後にもひとネタあります。

2003年10月03日

2003年10月01日

DUEL(荒神、2LDK)


Amazonで購入する

荒神

会話が長すぎる気がしました。
上映時間の半分以上が会話じゃなかったかな?
長くてもいいけどもうちょっとひねりがあったらよかったのになぁ。
戦いはいつもどおりの感じです。でも暗闇で戦うシーンはなかなかかっこいい演出です。
終わり方もいつもどおりなんですが(笑)
世界観とかは好きなんですが最初の会話シーンでちょっとダレてしまった。

2LDK

世にも奇妙な物語みたいでした(笑)
こういうのはあまりお金を払って見たい気はしない。
随所にギャグがあり、客席ではけっこう笑いがありましたがそんなにおもしろいかな?という気もしました。
でも2人の関係がだんだん悪化していくストーリー展開はよくできてます。
ただ、ちょっとやり方がひどい。というか醜い。
女同士の殺し合いはあんまり見たくないですね。血も吹き飛びます。
やりすぎな気もしたけどあれぐらいやった方が映画としてはインパクトがあっていいんだろうなぁ。
小池栄子が体張ってがんばってます。

この2作品は人気投票でどちらがよかったか勝負しているようです。
選ぶとすればビジュアルは荒神、ストーリーは2LDKという感じです。

2003年09月29日

HERO


Amazonで購入する

英雄 ~HERO~

マトリックスが”動”のかっこよさだとしたら
HEROは”静”のかっこよさという感じでしょうか。

矢が大量に降ってくる演出を思いついた時点で勝ちな気がした。
見せ方がかっこいい。静止画でも絵になる。

戦いはアクションというよりは”舞い”です。
あんまり戦ってるという感じがしません。
CMを見てアクションを期待して行くと失敗するだろう。
あのCMで流れてた曲って使われてたかな?
聞き逃してたかもしれないけどあの曲を使わないのはもったいないな。

ちなみに、つっこみどころがないこともないのですが(笑)
かなり現実離れした動きをするし空も飛ぶし切っても血は出ないし、あんまりリアリティはない。
でもグリーンデスティニーもそんな感じだったのであんな感じだと思えばいいかと。
湖の水面上で戦うシーンなんて子供の鬼ごっこかと思いました(笑)
映像がきれいなのでかっこよく見えるけど冷静に見たら笑えそうでした。

静かな中にもグッとくるいい映画でした。
もう一度見たい。

PS.メイキングDVDの方はダメダメ。
レンタルで十分な内容。。。

2003年09月09日

ウォーターボーイズ

cover
Amazonで購入する

ウォーターボーイズ

テレビでやっていたので初めて見ました。
ストーリー展開の仕方に感動してしまいました(感動するところが違う(笑))
伏線のはり方とか展開の仕方が非常にうまいです。
欲を言えば最後の真鍋かをりの登場の仕方にもうひとひねりほしいけどそれでも十分よくできている。
おバカなノリも楽しいし(嫌いな人にはダメだろうけど)
脚本がいいのでシンクロなだけに登場人物と気持ちがシンクロしていきます(これ言いたかっただけ(笑))
ストーリーもわかりやすいのでまさに脚本のお手本になるような映画です。
これはおもしろい。

■ コメント

こんにちは。
ひたむきに打ち込むところが高校生らしくて好印象ですよね。
私も今夏のドラマ版「2」を楽しみにしています。

投稿者: ネクター  6 16, 16:23
■ コメント

楽しめる映画ですよね。
ドラマもいいけどこの監督の次の作品のスウィングガールズも非常に楽しみです。
http://www.swinggirls.jp/

投稿者: Ryuichi  6 21, 19:41

アニマトリックス

cover

マトリックスの設定を把握してないと、特にストーリーに起承転結があるわけでもないので
この作品で何がしたいのかよくわかりません。
ひとつひとつの作品はよくできてるので別にマトリックスでなくてもよかったような。。。
日本オリジナルの作品としてやってほしかったですね。
ちなみに見た目がジョジョっぽい作品もありました(笑)
 
それにしてもDVD特典で日本のアニメの歴史を外国人が語っているのには違和感ありありです。
あの当時は予算がなかった、とかなんでお前が知ってるんだと(笑)
手塚治虫が米国の漫画やディズニーのやり方を真似ているとか、なんかほめてるようでほめてないような所々見てて気になりました。

2003年09月08日

カンパニーマン

cover

これはたぶん光と影を見る映画なんだろう。
光がかなり明るいです。
トイレの個室でもそんなに明るくはないだろうと思うぐらい真っ白に輝いてます。
色んな光の使い方があって参考になります。
照明マニア必見。

2003年06月12日

マトリックス・リローデッド

cover

もうあえてここで書く必要もなさそうなぐらいヒットしてますね。
色々意見があるとは思うけど個人的には十分楽しめました。
スミスがワラワラでてきた時は「来た来た来たっ!」と見てて笑えたし。
アクションシーンとか見せ場もしっかり見せてくれますね。
見所がCMのシーンだけじゃないし。
心臓をつかんで動かすところとか、ネオはスタンド使いか!とジョジョファンとしてひそかにつっこんだ(笑)
それにやっぱ映像はすごいよ。
他の映画とはレベルが違う。
前作の時に上げたレベルをまた一段階上げた気がする。
単純 にお金をかけただけではあんな映像にはならないし、監督のイメージを実現するためにCGなどの技術を使っていて本来あるべき形だと思った。
マトリックスの時はあの映像を真似る作品ばかりだったけど結局オリジナルを超える作品はなかった。
新しい映像表現を最初にやることはすごいことです。
 
レボリューションズも楽しみでしかたがない。
ところで、レボリューションズの予告編を見つけたけど
音楽がマネーの虎で使われてる曲と同じなので虎が出てきそうだ(笑)

2003年06月04日

チャリーズ・エンジェル(未見)

チャーリーが複数形なんですね。
エンジェルがいっぱいいるわけじゃないのか。
と、タイトルをネタにしてみた。
映画は見てないんですけどね(笑)

2003年06月02日

ピンポン

cover

だめだこりゃ。。。(笑)
ピンポンといいつつ卓球シーンがカットされてるので話になりません。
練習でがんばってるところなどを見せてるのに本番になると一発打ってゲームセット!と、 最後の一球しか見せてない。
ちゃんと打ったかと思えばカットを切り替えてスローばかりで卓球の打ち合いになってない。
勝敗を見せず終わってから実はどっちが勝ったかを見せるというシーンがあるんですが、これでは試合自体が盛り上がらない。
卓球までの前振りが全然いかされてない気がする。
たぶん出演者は卓球できないんじゃないだろうか。
普通の卓球シーンでも球をCGで描いてたりするみたいですがそれぐらい練習しろよと思う。
すごい卓球シーンが見れるのかと思ったんですけど期待はずれでした。

2003年05月29日

アウトライブ

cover

おしいかな。
かっこいいシーンもあるけどごまかしてるようなシーンもあってもったいない。
衣装とかかっこいいと思う。
驚異のVFXって言ってるけどどこが?(笑) という感じです。
 
なんか最近こういうアクション映画ばかり見てるな(笑)

2003年05月28日

火山高

cover

かなりおバカな映画です(いい意味で)。
お前ら何がしたいねん!と思いつつも映像はかっこよくて十分楽しめました。
ノリもよくてカメラがよく動きます。
カット割りとか北村監督に似てる感じがします。こちらの方はCG使って加工しまくりですが。
その手の映像が好きな人なら満足できるでしょう。

2003年05月22日

ブレイド2

cover

CGがかっこよく使われてるアクション。
でも主人公がシャネルズに見えてあまりかっこよく見えないのが残念。
歌いだすんじゃないかとハラハラ(笑)
ジャンプした時に視点が回り込むのがいいです。
この映画でも海腹川背、じゃなくてスパイダーマンに似たハイジャンプするシーンがあるんですが
体のソリはやっぱスパイダーマンの方がいいです。スパイダーマンはいいソリしてますよね。
ソリマニア必見(笑)
 
それにしてもこういうCGを使ったアクションを見てるとグリーンデスティニーとかのワイヤーアクションが吊ってるのがあきらかな体勢なので逆に違和感を感じてきますね。
CGなのもCGの動きとわかるわけで難しいですが。

2003年05月21日

ザ・ワン

cover

かっこいいシーンがあるんです。
ジェットリーの動きが素早いため周りの動きがスローになるんですがそれがいい感じです。
バーチャファイターの空中コンボみたいに相手を浮かせてさらに攻撃なんてことをやってくれます。
マトリックス・リローデッドで100人ぐらいに囲まれたところでぐるぐる回って蹴り飛ばすシーンがありますが
(まだ見てないけど)それの元ネタか?と一瞬思いました(たぶん違うと思うけど)。
これならディオのザ・ワールドも実写でできそうです。
「そして時は動き出す」
ただ、このシーンが普通の戦いで使われてるのであまり見せ場になってないのがもったいない。
ビジュアル的にもそんなに特徴ないしストーリーもいまいちで非常におしいです。
関係ないけどジェットリー手に力入りすぎ(笑)

2003年05月20日

ハリー・ポッターと秘密の部屋

cover

前作から気になってた点が今回もあいかわらずで期待通りのおバカ映画でした。
この映画について前作からどうしても気になるところが3点あります。
 
1つ目が
魔法学校に行ってるのに肝心のところでは魔法は使わないという点。
窮地に追い込まれたらもう少し魔法を使えよという気がします。
結局運で乗り切ったり最後の〇〇は剣でやっつけてるし
魔法学校で習っていることが全然いかされてない。
どうせなら展開としては
こんなんどこで役に立つのかというような魔法をしぶしぶ授業で教えてもらう、という前ふりをみせておいて、最後に窮地にたたされたときに意外な使い方でこの魔法がきいて無事乗り切るとかそんな感じじゃないでしょうか。
主人公も選ばれし者?エリート?ならもうちょっとなんとかしてくれよ。
 
2つ目が、
この学校の生徒の評価が校長の気分次第の口約束だという点。
君はよくがんばったから90点みたいな(実際はちょっと違うけど)
校長が勝手に口頭で点つけてるし。
テストとか目にわかる形での評価じゃないのか。
と思ったら「期末テストはなし」とか言ってて(テストがあるのか?)
しかもそれで全校生徒が喜んでるのもいかがなものかと。
前作のラストだとみんなの前でクラスごとの点数を発表する時にライバルのチームが一番高い点だったので喜んでたら、「主人公のクラスが最後に〇〇したのでプラス〇〇点。よって主人公のクラスが一番!」という発表の仕方。
そんなん初めから合計してから発表しろよと。
ライバルのチームがかわいそう。
 
3つ目が
ほうきに乗ってボールを追いかけるスポーツ?
これのルールがいまいちよくわからない。
羽のついたボールをとったら勝ちなのならはじめからこれを追いかけたら?
というか他のボールはいらないような。
それまでのボールの奪い合いが意味ないし。
しかも、はじめは点をとられてて最後に主人公が羽のついたのを取って逆転勝ちというのは前作と同じパターンじゃないですか?
 
この3つがどうしても納得できないので全然ハマらなかった。
全体的には説明的なセリフが多いのとゆるいストーリー展開にダレてしまってあまり真剣に見てないので見逃してるところがありそうなんですが。。。
それにしてもこの映画はどこを楽しめばいいんだろう?
映像はよくできてると思いますがロードオブザリングに比べるとやっぱりあちらの方が上かなという気もするし。この映画が世界中でヒットしてるってのが信じられない。

2003年05月15日

あずみ

cover

あずみは賛否両論という感じみたいですね。気になるところがあるのはわかりますけど。
手放しで絶賛してるわけじゃないけど細かいところを見ると色々気になるところはありました。
以下ネタばれ含む↓
 
上戸彩が内股で腕ぷよぷよでアクションをしてる体型じゃなくてリアリティがなかったり、カットによっては剣術がしょぼく見えるシーンがあったり、合成バレバレのシーンがあったり、グリーンデスティニーなシーンがあったり、爆発で人が空に飛び上がるシーンは入らないんじゃないかとか、時間軸的にちょっとおかしなシーンがあったり(たぶんその後のシーンだと思うけど)、あれだけ人を切ってるのに美女丸の白い服が返り血もあびずに真っ白だったりとか、爺が人質に囚われたらあずみたちのために自ら命を絶つべきなんじゃないか(〇〇は仲間のために自決したのに)とか、雨が降ってたのにシーンが変わったら雨が止んでたり(あれは何時間後って設定?)
 
色々つっこみどころがあるのはわかりますが、この映画ではそんなことはどーでもいいんです。
かっこよければ。これがアクション映画じゃなければつっこんでますが元々この映画にそういうのは求めてないし。それはバーサスについても同じことで。 マトリックスにストーリー性とか求めますか?
アクションだけならバーサスの方が上なんですがかっこいいシーンもあってよかったと思います。
日本でもアメリカに負けないかっこいいアクション映画を作ってほしいですから。

2003年03月10日

ヒューマンネイチュア

cover

「マルコビッチの穴」の人が脚本してるだけあってバカでした。
結局はシモか。。。
マルコビッチの穴以上に期待はずれだ。。。
色々評判は聞いてたのでやっぱそうか...という感じでしたがもう少しがんばってほしかったなぁ。
おすすめはしません。

2003年02月28日

サイン

cover

えぇ〜と、これはオッケーなんでしょうか?(笑)よくできた自主映画?
ほとんど家の近所だけで完結してますね。
しかもネタが古い(笑)
Xファイルでとっくにやってそうな気がするんですが。。。
でもそれで最後まで見せられるのはやっぱあの監督の演出がうまいからでしょう。
そういえばあれってたしか脚本料が10億円とか言ってなかったっけ?
たぶんあれを10億で売る演出もうまいんだろう(笑)
ちょっと期待はずれだったかなぁ。。。

2002年11月07日

VERSUS

cover

北村龍平監督の日本の映画なんですがこれがまたよくできてます。
低予算映画で舞台は森の中だけだったりしますが演出がうまい。撮り方をよくわかってる人だなぁと思います。しかもアクションの出し惜しみをしない。勉強になりました。
ストーリーはないようなものですが(笑)。

2002年09月01日

メメント

cover

これは新鮮でおもしろかったです。やられたなぁというか演出がうまいです。
アカデミー賞ノミネートも納得。
そんなにお金がかかっているようには見えないのでアイデアの勝利だと思います。
普通の映画に飽きている人にはおすすめです。
どんな映画か知らない人は何も知らずにとりあえず見てください。

2002年07月09日

アイスエイジ(未見)

cover

最近けっこうCMやってますね。おもしろいかな?
でもあのキャラクターは日本では受けないような気がするなぁ。
あーいう動物を擬人化したキャラクターってアメリカでは人気かもしれないけど日本ではたぶん違うよな。いまいちかわいく見えない。
日本で流行ってるのは世界一有名なねずみぐらい?
それに、動物を擬人化したキャラクターってちょっと安易な気がするしたくさんの人が同じことをやってることだと思う。
動物はキャラクターにしやすいってのもあるけどあまりオリジナリティを感じないような気もするのであんまり見たいという気にならないことが多い。

2002年07月05日

おんぼろフィルム

これが初めてじゃないけど改めて見てもいい感じだ。
DVDはでてないんでしょうか?
”ジャンピング”もいいけどどちらかと言えばこっちの方がアイデアがよくて好きだ。
よくできた大作もいいけどこういう実験的な方が新しい発見があっておもしろい。

2002年07月04日

フラットワールド

cover

紙のストップモーションアニメという感じでした。
キャラクターはCGだと思ってたので後でメイキングで知ってびっくり。
ありゃたいへんだ。
セリフはないけど最後まで飽きずに見れました。